Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

藩多拉的眼涙。 

魔王様がブログで挙げていた、香港のラノベはコレみたい。
邦訳版は、やっぱり無いかあ。
魔王様が書き出していたタイトル(藩多拉的眼涙)が違っていたので、表紙画像から正しく「潘多拉的眼泪」で検索すると、案外見つかります。
表紙は「涙」の旧漢字なんですけれど、泪で代替できる模様。

「魔法童話」とか書かれているのが、恐らく日本の感覚だとファンタジー系ラノベなんだろうなあ。

そもそも「潘多拉」が「パンドラ」なのに僕は気が付きませんでした。
(言語オタクのKが音から云ってそうだよ、と。画像を良く見れば英文表記もあった…)

そして、検索している途中に流石だ… と思ったのは、香港かどうか判らないのですが、中国語でブログやサイトを書いている方が、香港のことを「魔王様」が書いているよ、と云った趣旨の日記をアップしていたこと(中国語は全然判らないので、単語からの推測ですがリンク先とか見れば云いたいことは判る)。
「魔王大人」って表記を随分見ました。

侮蔑や差別に怒るのは当然だと思う。増してや過去の瑕があれば、尚更だとも思う。
でも、それと風刺は別物だと思うし、嫌っても良いけれど字面だけを拾って過敏に言葉狩りをするみたいに、読んでもいないものを批難する人達はどうかと思う。

エスニックジョークって、もともとが民族性を笑うものだし、
その性質上、戦時ネタや戦争に関連したネタが多いのが当たり前。
日本人に対して偏見を持たれるのは嫌だけれど、日本人らしさを笑いのネタにした作品は、何も不快には感じません。
悪いものは悪い。
面白いものは面白いと捉えて生きていきたいです。
ブログランキングならblogram 拍手する
スポンサーサイト

APH ヘタリアキャラの人間だったら名前一覧。 

解析結果と、あとコメントで質問頂いたことがあったので補足。

「ヘタリア」
キャラクタの人間名は、こんな経緯で存在しています。

・ご本家で、魔王様ご本人がファンから貰った(国家であるキャラクタ達が、)「もし人間だったらどんな名前?」と云う質問に対して回答したもの(当時、登場済みだった大半のキャラ/全員ではない) 
・一部の新キャラについて、追加回答が出たもの
・命名の基準は、各国の代表的もしくは「その国らしい」名前。または魔王様ご本人の各国出身者の友人知人の名前から拝借
・年齢は、各国の歴史や国力なども参考としているが、基本的には作画のための外見年齢であるとのこと
・身長は、イタリア&ドイツは両国の平均身長と等しいことが公開されたため、他キャラについても同様だろうと推測されたもの。ただし、一部キャラは設定身長が公開されている。これらの平均身長は、ヘタリア本編があくまで戦時が舞台であるために、第二次世界大戦時の軍人のデータが資料となっている例が多い(日本の平均身長として挙がっていたデータは、現代の日本人成人男性の身長より大幅に小さい=日本の平均身長は戦後大きく伸びている)

当ブログのまとめページはこちら。
あくまで、ご本家で見たものを自分のためにまとめただけのものですから、
見落としや間違いがあるかも知れません。
それを踏まえて、興味がある方は、ご覧ください。


ちなみに、人間名前が本編で使われることはありませんが、ご本家の漫画内で唯一、これらの人名が出て来た例が、「ヘアアイロン」の話。
もっとも、キャラ名として使われたと云うよりは、この部分もネタの一環ですが。

なお、ご本家漫画で各国上司(原則として国家元首か、それに近い立場の実在人物)と国家そのものであるキャラが会話するシーンは多々あります。この場合も国の名前で呼ばれています。
「上司」以外の軍人・兵士や民間人が側に居るケースも結構ありますが、呼称や彼らの存在について、どの程度まで把握されているのかは判りません。

現在、ご本家のログからは消失しているのですが、以前公開されていた未完の漫画「あなたはだれ」の中で、昔から姿形の変わらないフランスの存在(正体)を疑問に思う一般人とのエピソードがありました。
没設定の可能性がありますが、各国(=キャラ)は一般人とも会話するなどの接触は可能(これは現在も登場する図なので確定事項)。ただし、彼らが「=国家」であることを理解・認識できるのは、ごく一部の人間であるのかも知れません。
直接関わる機会があっても、単なる人間として映るのか…
ブログランキングならblogram 拍手する
read more →

歌。 

僕もですが、Kは輪を掛けて「今時の音楽」を知りません。
まさに今、流行しているアーティストを、と云うレベルではなくて、
もうクラシックしか聞かないので、今週リリースされた新曲も
30年前に流行ったポップスも、一律「今の音楽」です。
J-POPもロックも、何もかもワン・カテゴリ。
まあ、数百年前とかのクラシックと、今ヒットチャートに挙がっている
様々なジャンルの曲を大別したら、具体的なカテゴリ意味無いしな…
テレビを観ないので、無意識に耳に入る機会も少ないし。

で、僕もあまり今の音楽に興味が無いので、
拙宅では大体、オーケストラかピアノの音楽が流れています。
バレエ音楽も多いのですが、
基本的に、これらの音楽の大多数には歌詞がありません。
歌詞が付いているのって、オペラくらい。

(ヘタリアニメでイギリスが歌っていた呪いの歌を
僕たちが知っていたのは、アレが相当に有名なオペラの曲で
Kは知り合いがバレエで踊ったことまであったから)

結果、僕もKもカラオケなんかには行かないのですが、
Kは歌うの苦手だから嫌い、と云っているのです。
歌って云うのは、きちんと勉強したプロだけが歌えば良いのです、と…
(Kは自分が苦手なことを「プロがすべき」と表現することが多いw)
でも、料理している時なんかに結構、歌っているんですよね。
鼻歌レベルなんですが。
それが、十中八九、聖歌なのが不思議です。
これ、こども時代に養父母の家で覚えたんだと思っていたけれど、
多分、カトリック系だった病院で覚えたんだろうなあ。
そんなこともあって、先日讃美歌と聖歌について判った次第。
(全部讃美歌なんだと思っていました… 一応カトリックなんですが、僕)


ちなみにドイツでは、7割弱がキリスト教徒で、その半分くらいが
カトリック(もう半分はプロテスタントと、その他少々)なんだそうです。
イスラム他、各宗教の信者の数を合計すると、当然、総人口程度になります。
宗教を持たない人も居ますが、日本ほど多くはないそうです。
で、その日本はと云うと、熱心な信者であるかは置いておき、
「一応、この宗教の信者」と分類していくと、合計が2億人を超えるとか。
特定の宗教を信仰していないどころか、なんでもあり。
でも、それこそが日本オリジナルな神道の発想ぽくて好きです。
絶対的な神が居るよりも、雑多な神々の居る世界の方が好きだな。
ブログランキングならblogram 拍手する

明日はデート。 

女の子がね、恋愛対象だとか性的な意味とかではなくて、
仲良しの女友達とショッピングや映画なんかに出掛ける時に、
「◯◯ちゃんとデートだ」なんて云うじゃないですか。
もちろん変な思惑とか無しで。普通に。

Kも云うわけですよ。
多忙だし、家で過ごす方が好きだし、友達自体が多く居ませんが、
だからこそなのか、珍しくおでかけする時なんかに。

明日(もう今日か)、ちょっと予定が変わって暇になったので
僕と遊びに出掛けることにしたのですが、

「それじゃあ、明日はAQUIZくんとデートね」

…って。
そもそも今時デートって何なんだ。

それで、一瞬嬉しくなった僕が阿呆だと思いました。
第一、年中・四六時中一緒に居て、ほぼ同居状態で
おでかけが何だって云うんだ。
大丈夫です。大丈夫です。
元々、そう云うの表情とか態度に出ないんですよ僕。
なんかね、本当に楽しいと思っている時なんかも、
どうも機嫌悪そうに見えるみたい。あまり表情変わらないんで。

ええと、明日のデートについて、Kが久々にゆっくりできて嬉しくて、
シノヤにメールで詳しく伝えちゃったので、

もちろん僕が目一杯嘲笑されましたけれど何か?




ちなみに、博物館で見たい展示が掛かっているので、それを見たり、
普段は街中ウロウロしないので、洋服とか雑貨を見たり、

(面倒見る都合でなくて、僕は元々彼女とかと一緒に店の中入る方)

そんなものです。
ブログランキングならblogram 拍手する

見分け表来た…! 

もうすぐだ!

身長差表も、何卒お願いします。魔王様。

むかしからの読者は今更な筈だけど、見分けられるだけに笑えるな、この表…!
ブログランキングならblogram 拍手する

ハレルヤ! 



賛美歌って、聖歌と違うのか…(今更)。
小さい頃は教会にも行っていたのですが(僕の家はカトリック)。

何って、あの曲のタイトルは「ハレルヤ」じゃなかったんだ! …と。
ブッダ様が、ちゃんとタイトル知っているのが良いなあ。
文字を読めない人のために(読める方が少数派だった)、歌や絵をキリスト教では良く使ったと聞きます。教会のステンドグラスなんかも、そうだとか。だったら振り付けもあっても良いよねw

メサイヤは、長い長い楽曲ですが、「ハレルヤ」は、ほんの一部分。でも、多分ここ以外は聞いたことないんじゃないだろうか… なんとなく、全編ヘブライ語な気がしていたのですが、英語だって。
よく考えたら、曲ができたのは1700年代だもんな。
ブログランキングならblogram 拍手する

ブログ改装日誌 *まだ工事中* 

あー、もう画像いつになったら仕上がるかわかんないや…

とりあえず、ページナビの位置だけ直しました。
ブログランキングならblogram 拍手する

藤乃ちゃんとお兄ちゃん達。 

タダサト先輩には、お兄さんと弟さん、父親の違う妹さん&母親の違う弟さんが居て(父親の再婚相手の連れ子と、その後産まれた子)、今時珍しい5人兄弟です。

もっとも、先輩たちの年代と僕の年代では、多少差があるような気もしますが。

一番下の弟さんは、あまり僕らと面識が無いのですが、妹さんの方は、それなりに顔を合わせたことがあります。
先輩が、1人だけ女の子な仮称・藤乃ちゃんを猫可愛がりしているからですが、藤乃ちゃんからは、普通に「サト兄ウザい」くらいに思われていますw
種違いとか腹違いとかは、ほとんど気にされていない家族なのですが、だからこそ、女子高生な妹は、30代のオッサン兄貴を邪魔にしてるんでしょうね。

正直なところ、僕は1人っ子なので、兄弟羨ましいです。Kにも弟さんが居ますしね。

藤乃ちゃんは、「兄嫁」であるミヤさん(兄ちゃんより年長の男性…)とは、何故か仲良しです。
親子並みに年の差があるのですが、「小姑と嫁」だと考えると、ちょっと笑える。

僕やシノヤも、藤乃ちゃんの「対・兄カウンタパンチ」が大好きで。

ゲイの兄を嫌う、と云うのなら、まだしもアリガチですが、兄嫁・ミヤさんに向かって、まったく悪気なしに、しかし心底本気で(笑…)

「ミヤイチお兄ちゃんは、何でサト兄なんかが良かったの?
 チカちゃん(※長兄)の方が良くない?」


「なんか」です。構い過ぎだから、傍目にも。本気で可愛がっているんですけれどね。
藤乃ちゃんは、一番上の兄ちゃん大好きだからなあ…
ブログランキングならblogram 拍手する
read more →

妄想の産物。 

常日頃、腐女子(※敬称)の皆さんの描かれた素敵妄想とかを誹謗中傷や荒らし目的ではなく、純粋に自分が見たくて楽しくてサイト巡りをしている、むしろ気持ち悪いんじゃないかと思われる26歳男子で申し訳ありません。でも止めないと思います…

皆さんも良くあることかと思いますが、同人サイトで見たネタだったか、原作にあったのか記憶が曖昧になることが度々。
原作がギャグとか入る余地の無いシリアスな作品だったりすると、そう云う混乱は無いのですが、ギャグ系は危ないな…
ヘタリアに関しては、腐女子的なネタすら本家エピソードのことがあるからな…

同人サイトでも頻繁に見かける、例のイギリスの戦闘服やらブリ天コスについて、あれ本当にミニだったか? 原作で、そこまで露出度高くなかったんじゃないか? 二次的にはアリだけど、本家版を脳内補正して覚えているんじゃないかなー…

…と思って見返してみたら、本家もアレだったw

そう云えば、フランス兄ちゃんのネコミミも、一度は付けちゃってみたことがあるんですよね、イギリス。

何が云いたいかって、アレですよ。
少年期のフランスは反則。

あとナチュラルに沼の主とかに相談している仔イギは何…
でも、良く考えたら金色毛虫の流れの仔イギって、争奪戦時の仔メリカと同年代ぽいですが、イギは既に「国家」なんですよねー。お兄さん達はいたのでしょうけれど。
ブログランキングならblogram 拍手する

そしてまだ改装中… 

しまった、まだ終わらない…

にも関わらず、うっかり中途半端な状態で上書きしちゃったから
元にも戻せない(いや、戻せるけど、だったら正しく直す方が早いよな…)
編集ページにHTML&CSS直打ちしているもので。
前/HOME/次のページナビだけ早急に直さないと…(今、変なところに出ちゃっている筈)
画像ボタンにするつもりだったのですが、画像が仕上がらなくって放置して忘れてた。

あと、カテゴライズをやり直して、サイドメニュに振り分けるところまで
できたのですが、カテゴリ以下のページのレイアウトを直すところが未決。

細かいところは全体的に途中なのですが、今片付ける余裕がないや…
できたら、この週末に何とか。

*工事中メモ*
・トップ以下のページのレイアウト
・記事テーブルの位置修正
ブログランキングならblogram 拍手する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。