Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

ウイルス感染に、ご注意ください! 

また迷惑なウイルスが蔓延しているようですね(ネットの方)。


「Gumblar(ガンブラー)」型と呼ばれるウイルスです
(Win32/Daonol と呼ばれていたものと同じ)。
厳密には違うのですが、
以前、同人関連やアニメ・コミック・ゲーム方面で警戒されていた
GENOウイルスと一緒と考えて問題ありません。

良く判らない方は、「悪意のあるサイトを見ると、自分のPCに感染する」
さらに、「感染したPCの持ち主のサイトが感染源となる」…と
考えてください。後者が、特に問題の点です。
ブログランキングならblogram 拍手する

昨年のゴールデン・ウィーク前後から、大手企業などでの感染が発覚したことと、
同人系(出版社などのオタク業界に関連した公式サイトも含む)などで
感染者(ページ)が多発したことから、警告などを目にされた方も多いのでは。

以前にも取り上げたのですが、良く理解されている方は、当然対処済みでしょうから
判らない方向けのアナウンスを少々。

まず、ウイルスを撒いている(=悪意のある犯人)から、直接被害を受ける(=感染する)
…と云うケースだけではありません。

このウイルスは、「感染しているサイト」「見ただけ」で、
感染してしまう場合があります。
怪しいメールの添付ファイルを開いたり、何かをダウンロードする際には
気を付けていても、「見るだけ」の場合、警戒するのも難しいでしょう。

更に、まったく悪意のないホームページが、感染源となる可能性があります。
感染したPCでも、一応は問題なく稼働します(修復不能なまでにダメージを受けることもあります)。
このウイルスを保持したPCがサイトの更新作業を行うと、
この種のウイルスには、「見ただけ」で、閲覧者のPCが汚染されるような情報を
自動で書き込まれてしまう機能があります。
まったく知らない内に、自分のサイトにウイルスを仕込んでしまう危険があるのです。

対処として、

■OSを最新のバージョンにする。
■ブラウザを最新のバージョンにする。
■ウェブを閲覧することに関係ある各種のソフトを最新のバージョンにする。

〈ソフトの例〉
・Adobe Flash Player
・Adobe Reader
・Java Runtime Environment
・QuickTime
※元々、自分のPCに入っていないものは、新たに入れなくても構いません。
■セキュリティ・ソフトを最新のバージョンにする。

なお、「既に感染している」場合、アンチウイルスなどの
対処のためのサイトに接続できなくなると云った、妨害も働きます。
もし、感染したことが判ったら場合や、感染の可能性がある場合、
一旦そのPCの電源を切り、使用を停止して、詳しい方に相談してみてください。

■自分でサイトを運営している場合、覚えの無いJavaScript の記述が
 自分のページ(特にトップ)に書き込まれていないかを確認する。

このウイルスの実体は、JavaScript です。
例外はありますが、原則としてトップページのhtmlの、
上部に書き込まれるものです。
ちなみに、JavaScript は、サイトやブログに何かの機能をつけるために使われます。
特に自分が書いたわけではなくても、カウンタや解析などのページ・アクセサリを
付けると、それがJavaScript でできている場合があります。
JavaScript 自体には、何の有害性も危険性もありません。
そのプログラム言語を使い、ウイルスが作られただけです。

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。