Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

 

下の記事で思い出した。「テルマエ・ロマエ」も単行本出てたんだった。



このタイトルの意味は、一般日本人は概ね判らない気がするのですが
(勿論、予備知識なしの未読の方のこと)「ローマのお風呂」
ここでの「ローマ」は、古代ローマのことです。

綴りは「THERMAE ROMAE」で、カタカナ表記でぼんやりと推察できる通り、
英語ではありません。ラテン語なので、Kは感覚的に判ったようです。

ブログランキングならblogram 拍手する

馴染みの無さ過ぎるラテン語ですが、様々なヨーロッパ言語の素なので、
説明されると気づくこともあります。

「ロマエ」が、「ローマ」なのは教えて貰えば、ああそうかと思いますよね。
地名のローマ(ROMA)の、単数・属格形とのこと(調べずKに訊いただけなので正しいかは謎)。

「テルマエ(=THERMAE)」は、「thermal(熱の、もしくは温泉の)」と云う英単語の素です。
こちらは、英語に疎い日本人には耳慣れない単語ですが、温泉施設などで「テルメ」と云う
名称がついたものなら、聞いたことがあるのでは。
サッポロにも、かつて「札幌テルメ」と云う大型レジャー施設がありました(ツブれたよ)。

本作は、古代ローマの建築技師が、「現代日本の風呂」限定なんて
珍妙な条件でのみタイムスリップできる…と云う設定の物語です。
お察しの通りギャグ漫画ですが、古代ローマの様子が結構いいカンジで描写されているので、
APHファンの、じいちゃん大好き層にもオススメです。
風呂に関する雑学ネタなんかも多いので面白いです。

と云うか、このヤマザキマリ先生と云う著者が、古代ローマからタイムスリップしてきて
日本の風呂とか見て思いついたことを漫画に描いているんじゃない? と思う。

ちなみに、この建築技師ですが時間を移動している、とは認識していません。
「平たい顔」の人間が住む遠い異国だと思い込んでいます。
日本人を「奴隷」、そして「未開の国」だと考えていますが、
日本の風呂の仕組みを取り入れて古代ローマでは革新的な建築をし、
賞賛されたり、「平たい顔」の模倣でしかないことを悩んだり
(JINの逆パターンだな…)そんな物語です。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。