Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

幕末ブームのおかげかな? 

ファンロード系作家の、くもぎり太郎先生の新刊が。
同人誌でなくて。普通に。書店で。



くも太先生は、僕は「一條和春」名義での作品で好きになったのですが、
くもぎり太郎名義の漫画にも、面白いものが多いです。
昔の変なレポート漫画とか良かったなー。


ブログランキングならblogram 拍手する

一條和春名義になりなすが、「月とノスタルヂヤ(短編集の表題作)」とか、
「ハネノヲト(同人誌長編)」とか、とても良いです。
前者は古本なんかで見つけられる筈ですので、見掛けたら是非。
幕末(新撰組側が多かったように思いますが色々)や真田十勇士などと、
史実ネタではない完全な創作もの両方を描かれていましたが、
「くも太」名義では、珍妙なギャグとかも結構描いていたからなあ…w

パロディの同人誌はフォローしていなかったので詳しくないのですが、
文学作品を漫画化したものなどを扱った同人誌『満月劇場』シリーズが
今でもお気に入りです。

Kが、この当時のファンロード作家さんの本(商業/同人ともども)を
かなり色々持っているのですよね。好きだったようです。松下紺之助先生とか。
持っているのがKなだけに、健全な創作ばっかりです。でも面白いものばっかり。
手持ちの本を漁ってみると、
すんぢ先生(現・いーだ俊嗣)とか、志摩冬青先生(現・漆原友紀)とか、
今はプロ漫画家として活躍されている方で、その頃には
毎号、普通に「いち投稿者として」紙面に挙がっていた方が大勢います。
探っていたら、遠山拓磨先生とか出てきた…w 好きだなあ、コレ。
日高終喜(唯隆)先生とか、今どうしているのか…(読みたい)

あ、魔王様の描かれる、うさぎさんに猫、犬あたりの小動物に
心奪われがちな方は、すんぢさんの犬猫系漫画オススメします。
「リミックス・タイム」が可愛いですよ。

吉崎観音先生みたいに有名になられた方もいますし、
あくまでファンロードで活躍されたのみの方もいます(プロ志向で無い方も多かったし)。
一部に、若干の投稿経験があるプロ漫画家もリストアップされることがありますが、
投稿者として数多く掲載があり、投稿者として知名度の高かった方=ローディスト作家、
…と個人的には思っています。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。