Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

くだらない話。 

セボルガくんが…

「きゃあああああ」って、おい。

セボルガくんが、遡れば本当に国だったことと、神聖ローマ系列であったことが
気になって仕方がありません。
あとシー君のところの亡命政府が、よりによってドイツだったこととか。
これ以上面倒見る子が増えたら大変です。
…兄さんとかね…

ブログランキングならblogram 拍手する

セボルガですが、

・元々は国家だった
・うっかり売却されかけた
イタリア王国統一法で忘れられてた

…と云う経緯で、独立国家を自称していると云うことなのですが。
(キャラクタとしてのイタリアは、この王国統一法の1861年が誕生日設定)
ここらの経緯があるせいか、セボルガ君の外見年齢が…マカロニ兄弟と変わらないw
下手すると年長なわけなのですよね、彼は。


ワイちゃんが、百年後に本当に大人の女性に成長していたらどうしようと思うのですが、
残念ながら、僕たちはそれを目撃することはできないわけなのですね…
国家の成長は、「普通は」とってもゆっくり。

生きている間に、主要キャラクタの結婚とか見ることができたら、
ちょっと楽しいかなとは思います、平和的な結婚であれば。
ヘタリアきっかけで世界史や諸外国に興味を持ってしまっただけに、
あちこちで外交問題やら紛争やら戦争やら、今後は起こって欲しくないなあ…
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。