Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

適量の意味。 

酒の適量は、もちろん個人差が激しくて、しかも体調とかで日々違います。
ただ、あくまでも「目安」ってことだと、体重から判断できます。
(原則として、重い程アルコール分解量は多い)

要約すると、起きたら空のフルボトルが14本あったな、って意味です。
Kとミヤさんは、たいして呑まないのにな…

ブログランキングならblogram 拍手する

ちなみに、日本人には結構な比率で居る「下戸」は、これらの条件に一切、該当しませんよ。
数値も大雑把なので、ぼんやりイメージとしてご覧くださいな。

まず、大人で健康で「酒が呑める」種族の人間の場合、
「1時間ごとに体重1kg当り100mg」のアルコールを分解処理できます。
僕なら、6時間呑んでいたとすると、6h*7000mg=42,000mg。
42gのアルコールは、きれいに分解できる計算です。
さて、420gのアルコールって、実際に呑む酒で云うと、どんな量かな? と云うと。
ワインの度数はバラバラですが、仮に15%としましょうか(やや高めに設定)。
フルボトルは750ml。
重量は、おおよそ水と一緒(厳密にやると、色どころか同品種でも年度ごとに違うしな)。
アルコールの比重から計算すると、750*0.015*0.8=90g。
1本に90gのアルコールが入っているのですって。
…あれ?

半分にしても…45g…?
いや、完璧に分解処理完了してなくっても良いわけなのですが。
うーん… 僕はドイツ製の装置的な何かが増設してあるとしても…
24時間なら約170gってことか。えー… 少なく無い…?
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。