Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

1歳児とヒエラルキー。 

Kの甥御さんを2時間ばかり、拙宅でお預かり。
甥っ子・Aくんは、もう少しで2歳です。

とりあえず、彼は僕のことを目下の人間だと判断しているな…。

ブログランキングならblogram 拍手する

飼い犬が、自分の立場を家庭の中で最年少の人間の「ひとつ上」
判断することがある、なんて話を聞きますけれど。
赤ん坊も、独自基準で人間をランク付けしているように思うのですね。
A君は、明らかに僕を「金魚以下」と位置づけしているように思います。ええ。

まだ、ほとんど会話の成立しないA君ですが(発言は鳴き声にしか聞こえない)、
彼なりに考えて行動しているようですね。
色々なモノが「正しい位置」にないのが大変、不快な模様。

Kが、キャンディ等の空き缶を好んで小物入れ代わりに使っているのですが、
ヘアピンの詰まったフルーツキャンディの缶と、
綿棒の詰まったミントキャンディの缶が重なっていなかったことに御立腹。
開けちゃったら危ないかな、と思って、手の届かないところへ上げようとして
バシバシ叩かれる羽目に。痛いし。(思ったより攻撃力あるぞ、1歳児!)
積んだら満足したようで、別にイタズラしたりもせず、チョロチョロ居間へ。

普段、Kが使っているアンティークチェアには、
オットマン代わりのクッションが足下に置かれているのですね。
どうしても、その椅子に座らなければいけないと登り、
クッションが隣の椅子に乗っかっているのは由々しき自体であると、
無理矢理手を伸ばして引っ張り落とし(落ちるから止めて欲しい)、
それが適切な足下の位置に来ないと怒り心頭。
「なー!」 (※編註:直せ!)
…と、ご命令。
ええと、でもさあ… 届かないよね。足。
何のために置いたんだか判りませんが、「そうあるべき」なようです。
2時間いっぱい、走り回り、お迎えのママに無事に回収されていきました。

その間、Kが何していたかと云うと、小さい子好きなので見てました。
野放しです。

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。