Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

APH よくある質問まとめ  

詳細は read more を。

「Axis Powers ヘタリア」は、本来は作者個人サイトで公開されてきたものです。
後に、商業化され単行本発行時に描きおろしなどが行われています。
また、2011年秋からは紙媒体(雑誌・コミックバーズ)での連載が決定しました。

・現在の作者サイト「キタユメ。」では、過去に掲載されていた画像やテキストの一部が削除されています。
一時的な撤去とされているものと、詳細不明のものがあります。
(改装の際に「うっかり」消えることも多く、それらは後に再掲載されます)

・略称「APH」は、副題を含めた正タイトル「Axis Powers ヘタリア」の頭文字を取ったものです。
※以下、「APH」「Axis Powers ヘタリア」とします。

・キャラクタの「人名(人間としての名前)」は、作中での公式設定ではなく、作者と読者の間での「お遊び」です。
「外見年齢」「身長」は、作者の作画上の参考数値で、原則としては作中での公式設定ではありません。




ブログランキングならblogram 拍手する

・「Axis Powers ヘタリア」は、本来は作者個人サイトで公開されてきたものです。後に、商業化され単行本発行時に描きおろしなどが行われています。また、2011年秋からは紙媒体(雑誌・コミックバーズ)での連載が決定しました。

・現在の作者サイト「キタユメ。」では、過去に掲載されていた画像やテキストの一部が削除されています。一時的な撤去とされているものと、詳細不明のものがあります(改装の際に「うっかり」消えることも多く、それらは後に再掲載されます)。

・略称「APH」は、副題を含めた正タイトル「Axis Powers ヘタリア」の頭文字を取ったものです。
※以下、「APH」=「Axis Powers ヘタリア」とします。

旧来からあった2chなどでの軍事ネタ用語「ヘタリア」との混同・誤用を避ける目的でも用いられてきました。作品が商業化され、知名度が高くなって以降は更に使用頻度が高くなっています。
一般の漫画作品などでも、長いタイトルの略称は良く使われますが、本作では、従来から存在していたネットスラングとの混同や誤解を防ぐ目的でも、用いられています。

特に商業化、アニメ化以降の新参ファンは、用語の成り立ちを知らないことが多く、ネット上の発言などで失敗をする危険があります。(極初期からのファンは、作者サイトの閲覧者であったため、例え予備知識がなくとも、当時の日記文などで出典となった用語などを理解していました)

→軍事ネタ用語としての「ヘタリア」
日丸屋秀和氏による造語ではありません。漫画作品「ヘタリア」の第一作目が作者サイトで発表される以前から、インターネットなどで用いられていたスラングです。
そもそも、「ヘタリア」とは、エスニックジョーク(国民性ジョーク/特に戦時中関連の)として定番だった「弱いイタリア軍」を指すスラングとして存在していたものです。
日丸屋氏の漫画「ヘタリア」自体、初期は「世界各国の擬人化」というよりも、これらの軍事系ジョーク(事実に基づくものも少なくない)を参考としたものが多かったのです。

・キャラクタの「人名(人間としての名前)」は、作中での公式設定ではなく、作者と読者の間での「お遊び」です。

APHでは、登場人物のほぼ全員の名前が、実在する国家名称と同じです。
このため「漫画のキャラクタ」についての発言が、実在する国家についての発言と誤認されかねません。
漫画のキャラクタのことであれば、まったく問題のない発言でも、国家侮蔑や人種差別などを連想させるため、ファンサイトなどでは名前を伏せる慣習が生まれました(実在人物を扱う芸能・スポーツ系や、歴史系の同人活動でも似た慣習があります)。
APHでも、略称などが用いられますが、もうひとつ「人名」が良く使われます。
これは、作品公式の設定ではありません。
登場人物は、作中の設定でも「国家」そのものです。しかし、「もしも彼らが人間だったら」、どんな名前にするか? …というファンの質問に対する日丸屋氏の回答が、この「人名」です。よって、この際に回答された以外の登場人物に「人名」はありませんし、作中で彼らが「人名」を名乗ったり、呼ばれることはありません。
この「人名」は、当初「キタユメ。」の日記(現在は削除されている)の中で紹介されました。後に、一部は竹林(ブログ)でも取り上げられたことがあります。公式設定ではないため、単行本などに情報はありません。
※「人名」は、主に次のような基準で付けられていました。
・各登場人物のモデル国家で実在する、代表的、特徴的な人名(その国の人間として「いそう」な名前、あるいは国家のイメージから連想される名前)
・作者本人の各国の友人、知人から借用したもの

【公表されている人名】


・「外見年齢」「身長」は、作者の作画上の参考数値で、原則としては作中での公式設定ではありません。

登場人物は人間ではないため、年齢の設定が意味を成しません。建国~現在までがキャラクタの人生/年齢に比例するとも限らないため、あくまで作画上の外見年齢です。
作中では、登場人物は一律のスピードで成長/老化するのではなく、停滞したり、急速に成長する場合もあることが名言されています(このため、作中での時代により、年齢そのものではなく、特定キャラクタ間の年齢差までが変化していることがある)。
身長も同様ですが、こちらは実際の各国の平均身長を参考としている場合があることが公表済です。ただし、「キャラクタの身長=各国人の平均身長」と決まっているわけではありません。
数名については、作中で、一部はブログなどで身長が公表されており、これらに関しては、公式設定と看做して良いでしょう。

【公表されている外見年齢】【公表されている身長】


【参考】
・ヘタリア人名綴り(スペル)※自作
・ヘタリア国名漢字表記 ※自作

・世界の身長に関するコラム 追加修正(2009.10.03)

・世界の国家の象徴アイテムまとめ 国花・国鳥・国石 アップ分まとめました(2010.02.12)
・現在も確認できる御本家版にょたりあ暫定版(2010.03.12)

【瞳&髪色リスト フォトショ用スウォッチ(パレット)データ】
■枢軸&連合メンバ■ ※ロマーノも含めてます
■墺・洪・典・芬・西・普■




コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。