Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

冒険録。 

僕もだけれど、Kこそが昔は(会う前だけど)ゲーマーで、
この場合の「ゲーム」は、主に非電源なわけでした。
(テーブルトーク=TRPGというやつです)
で、このTRPGでは「リプレイ」という一種のゲームログを
残す習慣があるわけです。
富士見ドラゴンブックあたりから、グループSNEとかが出しているのが、
こうした「リプレイ」のオフィシャル版なわけです。
つまり、オンライン・ゲームのRPGでするようなことを
5~6名くらいの人間が集まってボードゲームのような形で遊ぶので、
ゲームの内容が会話で進行していくわけです。
原則、プレイヤ1人=(ゲーム中の)キャラクタ1人になるため、
このリプレイというのは、演劇の台本のような形式になるのが一般的。

ブログランキングならblogram 拍手する

で、昔の話なので(今なら、様々なツールがあるでしょうけれど)、
パソコンすら、持っている人間は少なかった時代。
リプレイは、ゲーム中の会話を無駄話なんかも含めて録音しておき、
後でテープ起こしをするのですね。
(そう、語句としてではなくリアルにテープだったりした)

身内用であれば、最低限の情報だけを残してまとめることもしますし、
同人誌のような形にするため、読み物として面白く読めるように、
「記録」の面はそのままとして、記述表現の方は手直ししたりします。

そうしたKの「粗原稿」が、年末にフロッピーディスク
結構な量、発掘されたのでした。
…フロッピーか… うん、当時ならテキストデータ格納するのに、
それより上位のメディアは使いませんね…
(CD-ROMが一般的ではなかった時代なのです)

ゲームをやる人間にとっては、きれいに整頓されていない
雑稿の状態でも、それなりに楽しいものです。
僕も、少しだけ持ち弾があるのですよね…
いつか、何かの形で公表できたら良いのだけれど。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。