Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

しつこくリンダ。 

ここ最近、「リンダキューブ」話ばかりしていたら、
そこら辺の検索来訪やコメントが増えて楽しかったです。
むしろ、「今、大人気のゲーム」とかよりも、
根強いファンのいるような作品の方が、レスポンスあるよね。
流行りのものだと、無数に記事あるし。
ブログランキングならblogram 拍手する


あとアレですね、単に田中達之氏(=カナビス)のファンも
画集関連はお持ちでしょうから、ゲーム知らなくても絵は見てるよね。

敢えて「リンダキューブ」が、どんなゲームかダラダラ取り上げましょうか。
(多分、読んでくれるとしたら知っていて好きな人だw)

基本的には「動物集め」をするゲームです。
昔ながらのRPG風のシステムで、街が点在していて、
住人達と会話したり、時には揉め事解決などを頼まれたりしつつ、
フィールドやダンジョンを巡り、動物を捕まえていきます。

主人公達の暮らす惑星は、10年足らずで滅亡します。
となると、ゲームですから惑星消滅を回避するため戦うのだな、と
お思いでしょうが、回避できません。絶対。必ず。
既に100年前から知られていたことで、打てる手は「脱出」のみなのです。

住人達も不平は漏らしつつ、移住できることが決まっているので
悲劇的な状況にもなっていなかったりします。
ただし、惑星の動物達は生態上の理由で連れてゆけません。
(連れ出せたとしても、必ず死にます)

ある奇妙な事件があり、送り込まれた「箱舟」と呼ばれる「それ」に、
つがいの動物を詰め込んで脱出することだけが、唯一、人間以外の
生物を逃すことのできる手段です。「ノアの箱舟」ですね。

主人公の少年と、幼なじみの少女は、この「箱舟」の乗組員として、
動物を集めて彼ら自身も、惑星を旅立つことになります。

3本の「並行した」シナリオが用意されており、いずれも主人公達や
周囲の人物、状況、すべては共通です。
しかし、些細なズレによって別世界となります。
各シナリオは、まるで違う世界のようですが、関わる人々の人格などは
まったく変わっていません。
ほんの少しの「手違い」の積み重ねが、幸福な夫婦を化け物に変え、
猟奇殺人犯を浮かれた新婚夫婦へも変えるのです。

もっとも、いずれの運命を進んでも、惑星は滅亡するので、
主人公達は集められる限りの動物を怪しげな「箱舟」に押し込んで、
脱出することになるのですが…


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。