Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

bk1→honto 本買えない!予約できない! 

BK1→hontoへの大改悪で、差し当たって6月の新刊を予約するのに
お困りではないでしょうか。

拙宅は、大変迷惑しておりますが。

5月分はギリギリ我慢したけれど、再開して、このザマですからね。

新体制「honto」に、文句を云いたい方は「お問い合わせ」からメールされることを勧めます。
電話はなかなか通じませんし、こちら側で記録を残しにくい。
また、「悪いところ」を怒る文句よりは、「改善すべき点と提案」が良いです。
「Aができない」と書くと、「これで代替すれば良い」というテンプレ回答しか返りません。
要望を出せば通るとは限りませんが、何もしないよりマシでしょう。

追記;サイト自体が不安定になっています。
改善のためのメンテナンスなら良いのですが、何も改善されていません。
それ以前に、不安定な場合にはアナウンスするのが普通ですね。
仮にもトップは表示できているのだから、そこに謝罪告知を載せれば良いのに…

こういった不具合のある際、「お問い合わせ」も不通となっている設計の悪さです。
(まともなショップ運営をしていれば、不具合時にこそ必要な問合せは別口に作ります)

「honto」運営元・株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto, Inc.)の問合せアドレスは以下。
info@2dfacto.co.jp
サイトはこちら。http://www.2dfacto.co.jp/company/

ブログランキングならblogram 拍手する

今までのBK1が、
・毎月、相当量の本を買う(少なくとも月1万)
・コミック&文庫が主
・著者買い、タイトル/シリーズ買いなどで
 購入を迷わない本が多い
・ちょっと気になった本は基本的に買う
…という層にとって、非常に便利な機能が多かったのです。
Amazonよりも圧倒的に。
(あと、ポイントバック&ギフト券&自己アフィで
実質、15%OFF↑が保証されているようなもの)

ギフト券の廃止を批難する声は多いのですが、こちらは目を瞑ることは
できる筈。一応、ポイントは代替サービスと云えます。
重要なのは、少なくとも年間30万円以上購入するヘビーユーザーが
毎日刊行される新刊から、買う本を手早くピックアップできる機能。
他店にない、一番の優位性が消滅しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ヘビーユーザーと「特典詐欺」について
従来の常連向けサービスで、最上位のランク付けが年間購入額30万。
以前、リニューアルとは別に、この特典が「急遽」廃止され、
代わりのサービス展開を行うと公式発表したにも関わらず、
詐欺同然の「逃げ」で今回の改変となりました。
拙宅は、どうせ30万円超えなのですが、これが1年間の購入額で決まるため、
5・10・30万の、各ラインギリギリの方が、「あと少し!」と一生懸命、
購入実績を作っていた筈なのに、その判定が出るタイミングになってから
中止しました、のアナウンスを出したわけです。
年内で終了、と告知さえ出してくれていたら(廃止しないのがベストとはいえ)
詐欺紛いのサービスとは云われなかった筈です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拙宅と同様の購入状況だった方は、似た方法を取られていた筈です。

多くの他店より早く公開される、次月の新刊予定で
「絶対買う本」を一気にチェックして予約。
※最初に公開されるリマインダでは、表紙画像が一覧できない代わりに
全新刊を一気に手早くチェック可能。もちろん、個々の本を詳しく見る事は可能。
→来月発行の本の大多数は現在、未登録
→仮に登録されているとしても「一括カート入れ」ができない
毎日、サイト来店し、「今日の新刊」を見て、買い逃し&未知の本を購入
→「今日の新刊」廃止
従来あった、当月新刊/来月新刊を発行元別に一覧できる機能も
一緒に無くなったため、週ごとや月単位で新刊チェックすることも無理

本を買う頻度が低く、任意の本1,2冊「だけ」買う方であれば、
それほど酷い不便はありません(タイトルから検索して買うでしょう?)。
しかし、少なくとも十数冊単位で月に何度も買う人間は、
数百冊レベルの一覧から、買う本を次々チェックして一括購入しないと
とんでもない手間になるのです。
そして、常に大量に買うということは、基本的には買う本=新刊か予約品です。
(先月までに出た本は持っているからです)

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。