Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

さよなら絶望先生 

皆さん、絶望されているところでしょうか。

ブログランキングならblogram 拍手する

「漫画について、単行本収録までネタバレしない派」ですので
敢えて詳しくは触れないことにしましょう。
(今回、最終回カウントダウンが始まった辺りから色々なところで見かけましたよね)

一連の流れを何度も読み返していたのですが、
どうしても命兄と智恵先生の取り調べでの供述が、偽証に思えてならない。
何かを隠蔽するための証言に見えるのです。

そして、カラーページでの瞳の色が気になります。
1色とカラーでの世界の切り替えは、前作最終話が印象的でした。
「しっぽ」は…

ちなみに、「絶望フォント」こと「昭和モダン体」は、勿論、所持しておりますとも。



ちなみに、トロイメライの原曲は シューマンの楽曲、「子供の情景」の1曲です。
(もちろん、本来は歌詞は付けられていないものです)
各曲のタイトルを並べてみれば、深読みしたくもなるものばかりですね。

1. 見知らぬ国と人々について
2. 不思議なお話
3. 鬼ごっこ
4. おねだり
5. 十分に幸せ
6. 重大な出来事
7. トロイメライ(夢
8. 暖炉のそばで
9. 木馬の騎士
10. むきになって
11. 怖がらせ
12. 眠りに入る子供
13. 詩人は語る
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。