Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

塩麹・続き 

拙宅は、和食の頻度が非常に低いですが(揃って育ちが欧州寄りなので)
「おせん」での初登場で読んで以来、塩麹は常備していました。
昨年かな? ブーム以前は小規模なスーパーなどでは乾燥麹を
扱っていなかったことも多かった気がします。
そこら辺に関しては、流行も良いですね。
(でも、うちはミヤさんの仲介で信頼できる米店経由で入手中…)

ブログランキングならblogram 拍手する


野菜を漬けて、サラダや付け合わせなど西洋風の料理にも普通に使っています。
つまり、今回の新刊で取り上げられていましたが、無闇に「麹」を主張させていないから。

特に、すぐには食べない常備菜に良いです。
サンドイッチの具材の下処理にも便利(水が出にくくもなるんです)。
あとは勿論、肉・魚。
ただの塩漬けにした豚バラ肉や、丸鶏を捌いて(これ、未だに僕はできません…)
1羽分の肉にして、アレコレ保存用や下拵えを済ませたもの。
そう云った食材の一部は、塩麹も使っています。
肉類は、あらかじめ多少、水を抜いてからの方が良い気がしますね。
ラム肉のクセ抜きにも便利です(※北海道は牛豚鶏と並列に羊が売られています)。

本来の、正しい分量で作っているため、塩分は凄く高くて、とても「そのまま和えて」
食べられるものではないですが使い道は豊富ですね。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。