Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

デュラハンって… 

それほど多くのゲームを把握してはいませんが、ファンタジー系のRPGでも
「デュラハン」の登場頻度は、さして高くはありませんよね…
咄嗟に思い浮かぶのは僕達の大好きな「ソード・ワールドRPG」くらい(TRPGです)。

Kに至っては、
「レベル7アンデッド、戦車と馬は4」
とかデータも繰り出す始末。
自身の生まれ育った在住所である街の地理も覚束ないKですが、
アレクラスト大陸のことなら良く知っていると云う…w

「デュラララ!」では、デュラハンが妖精であることが何度か強調されていましたが、
「ソード・ワールド」では、れっきとしたアンデッドです。

ブログランキングならblogram 拍手する


「ソード・ワールド」版・デュラハンは、名前で姿を浮かべられる人なら、
むしろ真っ先に思い描くだろう甲冑姿に、2頭引きの戦車といった出で立ちです。
何をもって選択されているのかは判りませんが、夜更けに家を訪れます。
ノックし、家人が扉を開くと家の中の「誰か」を指し示し、死を予言して立ち去ります。
そして、おおよそ1年後に再び現れて、予言が現実になるように、「誰か」を殺害するのでした…
しかも、どこに逃げていても、海の上でも、密室でもデュラハンは出現します。
唯一、死を免れる方法は、前述の「レベル7」、一般人では何をどうやっても勝ち目無しという
不死の化け物を打ち倒すことのみ、という凶悪さなのでした。
(でもゲームですからね。普通は立ち向かうのは銀の武器を携えた剣士や
不死者に有効な魔法が使える聖職者たちなのですけれど)

「デュラララ!」作中に登場した「ウィザードリィ」にも、「リャナンシー」の件で
名前のあがったペルソナ/ソウルハッカーズ(祝・3DS!)にもデュラハンが居ませんね。
(首なしライダーは居る… 「屍鬼」カテゴリだけど)
居たらセルティが喜んだでしょうに… いや、喜ぶのかね?
同じ中学校の卒業生がテレビで活躍してた! って感じでしょうか?
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。