Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

モブサイコ23話 

「モブサイコ」「魔界のオッサン」も、ONE先生は安定の更新率…
(大丈夫です村パンは大人しく待てますw 訓練されたオタクなので大丈夫です)

ブログランキングならblogram 拍手する

23話。

まずは律くん絡みで例の研究所と、生徒会の方にスポットが向いたのですね。
序盤の頃は、まだ力の全容が見えていなかったモブくんの
蓄積されていくストレスが積まれていったわけですけれど、
律くん、生徒会長と「優等生」達にも重圧が乗ってきていますね。
生徒会長が精神的にギリギリな感じです。

研究所のこども達は、まあ予想通りの能力値。
ただ、現実でアレだけの能力があったら、凄いことですが。
確かに実用にはならないかもだけれど、上手く利用すれば、
あるいは上手く悪用すれば、「あの程度」でもできることはありますよね。
「触れずにスプーンを曲げる」というのは、非接触で金属を変形させる
ことが可能だという話ですから、鍵や精密機器類から、
乗物、建築物といった大きなものの「重要なパーツ」までに影響しますよね。
「絶チル」で云うと、1〜2レベルの子は案外、大勢居る社会なのでしょうか。
霊幻自身はともかく、彼のところに客が来ているということは、
「本物の霊能力者」も居る筈なのですよね、それなりに。

それにしてもモブくん… お家でもダメなお兄ちゃん扱いだったか…
もうちょっと甘やかされてるかな、と思ったのですけれど。
年子なので、ほぼずっと出来の良い弟と比べられてきた筈なのに、
あれだけ素直に育つって超能力よりも凄い気がします。
逆に「何でもできる」弟にプレッシャが掛かってますがね。
ただ、影山両親は生徒会長の母や兄のような蔑視は持っていなくて良かった。

そして、あの流れで師匠出たよ
霊幻は霊能力無いなりに、視るものは視ているし、危険な目にも遭っているのに
なにあの自信と安定っぷり。

最初はモブくんが超能力戦なり何なりに遭遇して師匠に報告する際に、
「学校で起きた困ったこと」レベルの説明をするので、誤認や勘違いをしたまま
結果的に的確なアドバイスに「なってしまう」発言をしていくキャラなのかなあと
踏んでいたのですけれど、そうでもないのですよね。
ちゃんと詳しい内容を聞いた後でも、たいして動揺せずに普段通りの
対応を繰り返しているわけです。
胡散臭い新興宗教団体を壊滅させました、って随分な大事ですよ…w


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。