Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

落ちる文字。 

 前にもココで書いた気はするけれど、小説家(以外に、色々していらっしゃる)森博嗣先生のブログが楽しくて、良く見ている。小説が好きだから興味を持ったが、小説以外のことが書かれているところが楽しい。
 それに、毎日の写真がキレイで、これだけ眺めていても悪くない。
 特に庭と、そこを走る鉄道模型が素敵だ。
 Kは、これの書籍化されたものをアチコチに置いて、ちょっとした短い隙に読んでいるのだけれど、時々ブログの画像だけを拾って見ている。旧日記の時代(全5冊にまとめられて刊行されている)には、リアルタイムで読んでいたらしいけれど。
 僕は日課のように見ているので、「あ、今日はパスカルくん(先生宅のシェルティ)が居ますよ」なんて教えたり、ここで出題されることがある数学的なクイズなんかをKに試すこともある。

 このブログでは、毎日「算数」や「社会」と云った、小学校の教科のようなカテゴリで、何かしらの話題が取り上げられる。前述のクイズも、そうした流れで登場する。
 この枠に、時々森先生以外の「特別講師」が登場するのだ。
 9月10日からの特別講師は、太田忠司先生。

 文中から抜け落ちる、「ら」や「い」について。
「見れません」とか、「してます」なんて云うもの。
 そうした言葉の扱いなんかを一緒に仕事をするようになった時、随分しつこく教えられたなあ、と思い出します。
 長めの文章も、散々直されました。ここと、あっちが繋がらない。それが余分。あれが足りない。

 ね、ここを「しかし」に替えるとデコボコが無くなって、
 ツルンとしてキレイでしょう

…いや、むしろアンタの日本語は大丈夫なんですか、K。
 仕事上、ある程度の文章…小説などと違って、正確に説明するための文…が書ける必要があり、それで教えられたのです。
 
 Kは本来、「ら」や「い」のような「落ちやすい文字」を口語でも、省略せず発音する人です。とても美しい日本語を話す人ですが、学生時代などに、周囲と「通じやすく」するために、乱雑な喋り方を「覚えた」とのこと。
 イギリスに移住することになれば、英語を覚えるだろうし、ドイツならドイツ語を覚えるのと同じこと、と云って。

 そんなことを思い出した、特別授業。
  
ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://coluck.blog103.fc2.com/tb.php/152-bf6bd963
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。