Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

モブサイコ46話…(大いにネタバレ 

ああああ… 予想外…!

いや、「いずれ」こういった場は来るのかもと思っていたけど…
こんな形で、今か。

ブログランキングならblogram 拍手する

前回も書きましたが、霊幻は、言っていることだけは真っ当な大人の意見なのですよね。
いわゆるバトル漫画、少年漫画だからといって、こどもに命懸けの危険な橋を渡らせない。
除霊絡みでは常にモブくん頼りだったわけですが、彼1人を敵に向かわせたことも無い。
口先三寸で丸め込める対人能力の高さの自覚は案の定…とも思いましたが、
明らかに「見えない敵」が居る場でも、丸投げにしていたわけではない。

そもそも、モブくんなら絶対確実な状況だからこそ、彼に任せていたわけで…
霊幻自身に霊能力だの超能力だのが無いからこそ、紛らわしくなっていたのですよね。
危なくなったらモブ任せ、といったスタンスで仕事をしてはいましたが、
実際問題、霊幻同伴でモブに危険が及ぶような場面は一度たりとも無かったのです。
作中で起きた「100%」の、いずれにも霊幻は付き添っていない。

彼は一貫して、こどもはこども扱いしていた。

そこを一人前の大人扱いで進ませる物語もあるのだろうけれど、
彼らの世界は平凡な普通の社会。霊幻自身が異能の人ではないから。
あと数年、モブくんが大人になるまでは…
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。