Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

俺屍2 

「俺の屍を越えてゆけ」に「2」が出るため、
とりあえずVitaを2台買いました(もちろん僕とK1台ずつ)。

同梱版が出るなら、そちらを買うつもりだったので
ちょっと待機していたのですが、
出ない確定なら、まあ何でもいいやと。

ブログランキングならblogram 拍手する

清明や夜鳥子(!)が登場人物として組み込まれていたり、
セーブスロットが増えていたり、
無印プレイヤ的なところにばかり目がいっておりましたが、
良いところは「そのまんま」で、鬱陶しくない絶妙の加減で
あれこれ要素が増えているようで、夏が楽しみです。
体験版は、敢えて手をつけないことにしました。
前情報無しで進めてみたいのです。

そして、散々自分なりにやり尽くした後で、
公式ガイドが出るでしょうから、再度重箱の隅を突く遊び方をして、
更に何度も繰り返して、一時は手を離して、
また十年後に夢中で遊んだりするのでしょう。

ちょうど、「俺屍2」の発表直前にも再燃して
遊んだりしていましたからね。
(リンダを何度目か判らない再プレイしたら、
その勢いで俺屍に続く持病があるので)

旧・俺屍の再プレイ時に、かつてKが作った
「◯◯家秘伝書」を公式ガイドと一緒に眺めてみたり
していました。
A5判のノートに、みっちり情報が詰まったものですが、
Kは自力で攻略本並のノートを取るクセがあります。
「2」で遊ぶ時も、やはりノートを作るでしょう。

この「ノート」は、PC上などに記録するのでは
いけないのだそうですw
何故なら、今回のように10年後に再プレイする際に、
ソフトと一緒にノートを掘り返してきて、
これが経年劣化で適度に古く傷んでいる必要があるのだそうな。
ゲームをやりこむ間に書き込み、再プレイで見返し、
表紙や角が少し摩耗して、開いた折れ跡や付箋が残り、
シャープペンの走り書きが適度にかすれていたり、
万年筆の線が、滲んだ跡があるものでなくてはいけないそうです。
データじゃあ、経年劣化しないもんなあ。
(僕も家系メモは残してますが、PC上です)

…テキストエディタに、時間経過によって
若干、地の色が黄変したり、鉛筆書きのメモが手にスレて
灰色に汚れていたり、ファイルの縁が崩れたりする
機能をつけたらどうかしら。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。