Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

会議は踊る。 

「ヘタリア」関係のメモ。

 AQUIZは地理にも世界史にも疎いので(高校在学時の専攻は政治経済なのに、そっちも良く判らない理数系)「ヘタリア」読んでいる最中も、Kに訊きます。Kが歴史に強いかと云うと、別に全然そんなこと無いのがポイントです。
 自分で、ちょっと覚えておきたかった色々のメモ。

「会議は踊る(Der Kongress tanzt)」
1931年ドイツ制作のオペレッタ映画。

 英語の議会とか国会が「congress」なので、「Kongress」が会議、「tanzt」「dance」なんでしょうね。趣味・ラテン語のKによれば、ドイツ語と英語の場合、大体KをCに、TをDに置き換えてみると、何となく意味が見える単語が多いとか。

 ちなみに、AQUIZは半分ドイツ人だったりします。一切ドイツ語は判りません。


1841年ウィーン会議が題材で、これに関しての「会議は踊る、されど進まず」と云う言葉から。ヨーロッパ各国首脳が集まって行われたものですが、数ヶ月を費やして進行しなかったとのこと。ヘタリア年表にも記述はありますが、まだ漫画化はありません。

「ヘタリア」でドイツが云っているのは、この元になったウィーン会議の方でしょうね。
 オーストリア、イギリス、ロシア、プロイセン、フランス、ローマ辺りが参加したようです(ウィーンで開催されたので、議長はオーストリア)

ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。