Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

祝 the本・ヘタリアをイチから振り返るキャンペーン04 

おめでとう「the本」




「第4話」

 各国の上司=時の権力者あたりですが、ドイツの上司が(後ろ姿だけで)登場。
 歴史とか、一切無視して作中の描写「のみ」を見ると、単なる困ったワガママ親父のようにも見えるドイツの上司。
 ここでフィンランドも登場しています。

 鋼鉄条約が軸になっています。
 ロシアは、着ていく服に悩んでベソかいているようなキャラクタです。
 リトアニアも初登場。ロシア関連のキャラクタが増えてきます。バルト三国は、ここで初めて登場です。
 彼らは初登場以降、外見年齢が下がった感じ…

 ちなみに、今も姿がわからないベラルーシの名前も、ここで挙がっています。

 
 イタリアの見た怖い夢は、ココ
 イタリアの兄ちゃんも初登場。
 どうして、そこでフランスに相談するのか、イタリア。
 そして、いざ相談されちゃうと結構マトモに対応しちゃうフランス。

 寝起きに裸で出歩くイタリアは、ここから。祭時のフランス兄ちゃんのように「脱ぐ」キャラクタではなくて、「服着ない」キャラ…
 全般的に、キタユメ。のキャラクタって脱ぐ時は下からだと思う。
 そう云えば、既にヴェーヴェー云ってますね… 初出チェックしようと思ってたのに、すっかり忘れてた。

 後半パートからはロマーノが。
 イタリアが「久しぶり」と云ってるので、一緒に暮らしていないのは勿論、あまり顔を会わせることは無い設定らしく。

 ロシアパートでは、ポーランドが登場です。全盛期のコギャルのようなポー…

 ちなみに、「サコティス」って云うのは、ケーキの一種。バウムクーヘンを建てたような形ですが、周囲にトゲが付いてます。
「パルシュキ」は、チーズの入ったスティック状のスナックみたいなもの。

 ドイツパートとロシアパートが交互に展開していますが、作中ではイタリア・ロシアの初顔合わせ
 …と思いきや、シェスタは外せないイタリア!
ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。