Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

敢えて駄目だしを(幻冬舎の中の人に。 

 ヘタリア Axis Powers

「the本」、編集とデザイナの力量には少々完成度不足を感じました。特にレイアウトは下手くそだ。
 内容自体は良いのですが、構成を整えないともったいないですね。「2」確定なら編集が頑張って! そこは魔王様の仕事じゃないぞ! 幻冬舎の中の人が、もう一息な感じです。

 で、肝心の本文ですが、書籍版で初見となる可能性を考慮した造りでしたね(そこを強化して欲しかったんだけど、編集に…)。
 キャラクタ設定資料の詳細版は欲しかったです。「2」で出るかも知れませんが、「1」で必要だったんじゃないかなあ。

 サイト版を暗記する勢いで読みふけった層にとっては、単なる萌え材料ですが(欲しいです)、初見層は、「国擬人化」と云う最大のポイントを理解するのにワンクッションあるってことを失念してないでしょうか、編集。
 何しろサイト版は、魔王様の突っ込みテキストも多いんです。
 漫画のキャラクタの言動として描かれたアレコレに、いちいち元ネタとなるような事実(じゃない部分もあるけど)が敷かれているわけで、そこが面白いのだから。



 そして良かったところ。
 あまりアピールの無かった、イタリアの女好き設定が結構出てましたね。
 フランスのハブられっぷりは、むしろサイトではエイプリルフールだのクリスマスだので描写されていた気がするので、本編側に組込まれて良かったんじゃないかな。

 カナダの目立たなさは素晴らしいです(笑。キャラクタ紹介も無くて正解(正直なところ時間的に抜けたんじゃ…とも思いますが)。永久になくても良いくらいです、サイトも含めて。いえ、好きなんですが敢えて。
 サイト改装に合わせ、キャラクタ紹介ページも一新されたら良いなあと思うのですが、シーランドにも1ページ割かれているのに、カナダはアメリカのページの隅っことかに隠しボタンで設置されてる、くらいでどうでしょうか。

「銀魂」の山崎みたいになったら良いんじゃないの?
(※1巻・1キャラが基本のコミックスカバーで、登場は無いと作者に宣言され、(※1巻・1キャラが基本のコミックスカバーで、重要度・人気のより低いキャラクタを採用してでも除外され続け、20巻を超える今なお断じてカバーになどされていない主要キャラクタ。)

 他、色々ありますが一旦終了。


ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。