Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

お留守のヒト。 

 とりあえず帰国しました。

 東京経由になりましたが、暖か過ぎる。地元の、ちょっとした夏くらい暖かい…
 すっかり桜も散っていますが、まだまだ咲きそうにない街に住んでいます。そう云えばドイツにも桜ある筈だなあ。見掛けませんでしたが。あちらは結構、地元と似たり寄ったりの気候でした。夜なんかは、まだ相当寒かったです。

 ちなみに、辛うじて頭に入っていたドイツ語は、「Ja」「Nein」「Danke」「Bitte」。挨拶言葉は、基本的に復唱すれば良しとのKの適当なアドバイスを信じて、その通りに(日本語も、「おはよう」って云われたら「おはよう」って返せば良いわけで)。
 モルゲン、ターク、アーベント、ナハト。全部時間を差している単語で、「良い朝です」とか、そう云う体裁になっているみたい。

 日本語の挨拶言葉とはシステムが違うようです。「おはよう」は、相手が朝早くから起きていたことを賛美しているわけですよね。早起きは良いこととされていたから。「こんにちは」や「こんばんは」は、当日の日中や晩についての評価を差すわけですが、曖昧に自分の主張を通さない性質のお国柄。相手に推測させるのみで、良いも悪いも単語には組み込まれていません。

 本来はグーテンやグーテ(単語の性別で変わっているだけで、どっちも「良い」だから、多分goodのドイツ版でしょう)が付きますが、家族なんかだと省略している模様。
 ちなみに、ドイツ語もラテン語と方向性は一緒なので、意味が全然判らなくても、なんとなく読み方だけは判ることがあります。おおおそ、ローマ字読みなのです。
 なんとなく意味だけは判ったりする中国語の読文の逆ですね。


 帰宅してみると、わりと酷い風邪をひいて、本人曰く「ホットワインで治った」K。
 AQUIZの留守中は、自分で毎日何個も届くネット通販(本や雑貨、食品に至るまで、大半を通販)のダンボール箱を自分で開封しており、数カ所も手を切っていたK。
 半日、お互いに休暇と云うことでDVD観たり、のんびりしていたのですが、なんか部屋の中なのに、時々着いて来ちゃうK(キッチンとか)。
 何故かミヤさんに、AQUIZが居ないと愚痴ってたK。

 留守させといたら、駄目だなあ。このヒト。
ブログランキングならblogram 拍手する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。