Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

ゆでたまごを作れない国。 

 料理音痴王イギリス

 ヘタリアのみならず、エスニックジョークでも単なる旅行記でも、とにかく食べ物が不味いと大評判の英国ですが。
 ゆでたまご作れないって何事だ…
 いや、「上手に作れない」ならわかる。AQUIZだって自信ない。
 ゆでたまごの「作り方わかんない」って…イギリス…!

 ええと、悪評高き英国料理ですが、日本人の国民食カレーは英国経由の料理です(発祥はインドなんでしょうが、日本に入って来たのはイギリス式。インドってイギリスの植民地だったしな)。
 日本伝統の和食のような顔をして鎮座している肉じゃがは、うっかり材料も作り方もわかんないのに、何となく勢いで作っちゃったビーフシチューの成れの果て。

 ところで、イギリスのティーフードは本当に美味しいと思います。
 焼き立てのスコーンに、山盛りのクロテッドクリームとジャムなんて、AQUIZみたいな酒呑みでも美味しいと思う。市販の変な甘いパンみたいなスコーン喰ってるから不味い印象があるのでは?
 かなりサクサクの水分のないスコーンに、しっかり重たいクリーム(生クリームじゃないので、脂っぽくもなければ甘くもない)。むしろバターの印象に近いクロテッドを乗せて、美味しいジャムを乗せて、濃い紅茶にミルクを注いで飲みながら。
 正しい食べ方をすれば、お茶の時間のイギリスは無敵だと思います。

 伝統的な、シンプル極まりない地味で素朴な焼き菓子類は、本当に美味しいです。
 ごくごく普通のビスケット(日本的に云えばクッキー)とか。

 立派なフレンチレストランに行って、コースの最後にワゴンで出てくるプチフールなんかも、凄く美しいし美味しそうなんだけど、たくさん食べられないもんな…(Kは食べますよ) 確かに美味しいけど、毎日ザクザク食べるような代物じゃありません(Kは3食でも食べるだろうけど)
 ついチーズワゴン出して貰っちゃうので。


 とは云え、ゆでたまご作れないって…!
ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。