Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

 

 AQUIZ自身がそうですが、職業が印刷に関わる分野では無い限り、一般の方が紙やインクの特性を知らないことは勿論、何をどうすれば印刷物が仕上がるのかを「知らない」だけではなく、考えたこともないでしょう。

 その中間地点に居るのが同人作家の方々です。

 腐女子なんて言葉が一般化し、「コミケ」や「同人誌」は、実際の様子を詳細に知らないにしても、そうした趣味の分野が存在していることの認知度は、異常に高くなったと思います。
 即売会などに顔を出していた当時のKは、周囲の一般の方では、そもそも「同人誌」と云う存在自体に気が付かないのが普通だったとか。十年程前のことです。

 それでも、未だに直接の関わりが無い方は、本当の同人誌が、どういったものかを御存知ないでしょう。
 なんとなく、アマチュアが描いた漫画とかの本…と云うことは知っているかも知れません。
 本質ではありませんが、人気の漫画やゲームなどを題材にしたパロディが圧倒的な比率を占めますが、割合を無視してカテゴリを見ると、ほとんど一般書店に並ぶジャンルの大半は同人誌でも見つかります。
 漫画ではなく、小説の本は珍しくもありません。
 漫画・小説と云ったストーリーを扱ったものではなく、趣味の分野の研究誌的な内容の同人誌もあります。商業媒体ではなく、基本は個人の活動ですから、マーケット的には厳しいジャンルであろうと、出すのは個々の自由…という面があり、扱われる題材は雑多です。

 で、お気づきでしょうか。
 プロの作家は、作品さえ仕上げれば、後は全部出版社などが処理します。
 印刷の手配や本のデザイン、その後の宣伝や流通などですね。
 同人誌は、原則として「全部自分で」行います。

 商業誌に例えれば、漫画家や小説家は、編集と相談することも無く次の本の企画を立てなくてはいけません。
 いつ頃、どんな形で出すのかも自分で決めます。
 作品を書くのは、当然ながら本人です。
 しかし、漫画ならセリフの文字を打って貼るのも自分です(商業誌ですと、印刷所か編集者が行います)。
 本の構成やデザインは、編集者やデザイナが考えます。
 それを印刷所に伝えて、原稿の管理をするのも出版社側です。

 同人誌は、全部自分でします。

 つまり、完成した原稿を印刷所に発送し(入稿と云います)、使う紙の種類から、印刷の方法、表面仕上げ等々、すべてを指定しなければいけません。
 表紙のタイトルを自分でデザインし(パソコンで、一般の方でもそうした作業が行える時代になり、大幅に自由度が広がったそうです)、ノンブル(本文のページ数の数字のこと)までも自分で貼付けていきます。
 紙は、上質紙で良いのかコミック紙にするのか。70kを使うのか、90kにした方が良いのか。
 表紙はアート紙のままで大丈夫なのか。特殊紙の豊富さと来たら、プロの現場にも完璧な全種見本なんてありません。
 
 でも、印刷って考えている時は楽しかったりします。
 締切に追われていない、しかも趣味で行うものであれば、楽しいだけです。
 物凄い小さな部数(商業印刷では、500以下なら少部数ですが、ここでは5部とか10部のことを指しています)でも、本を印刷できるのを知っていますか?
 出版(書店に並ぶ)のとは別物ですが、ちょっとイラストを描くのが好きだから、冊子にしてみよう。お友達に貰ってほしい、なんて軽い気持ちで本を印刷しても良いんです。
 小さなコドモの絵画などの作品集はどうでしょう。
 写真を撮られる方なら、プチ写真集は?
 数部でも大丈夫なわけですから、自慢のレシピ集はどうでしょう。
 毎日、頑張って作っているお弁当の記録を1冊にしたら?
 拙宅なら、料理の記録も良いけれど、ガーデニングのログを冊子にしたら、自分たちは楽しいかも知れない…


 印刷って云うのを、商売・業務ではなくて、遊びのツールのひとつと考えてみたら、面白いかも知れません。
ブログランキングならblogram 拍手する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。