Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

医者と弁護士と。 

 いつだかの、偶然に再会したKの中学までの同級生氏は、弁護士として活躍していました。普通の公立小学校で、普通の公立中学校だったのに、馴染みの面々が揃いも揃って医師だの弁護士だの、ある種の特別視される職業に就いていたのは不思議なものです。
 少なくとも、こうした職業は最低限の在学期間が長いですし、きちんと大学に行き、相応の成績を取り、卒業しても即刻、「プロ」になれるものではありません。
 AQUIZたちプログラマやデザイナは、技量や精度・速度こそ問われはしますが、いきなり思いつきで名乗っても、別に違法とは云えません。学校を出なくてもなれますし、そもそも絶対必須と云う資格自体が存在していないのです。
 Kなんて、中学校卒業と同時に現場に乗り込んで、掃除でも使い走りでも良いから完璧に片付けて、その隙に仕事を覚えてやろうと云う魂胆を全面に打ち出してのデビュだったようです。
 難しい資格を備えた職業に就いている方が凄いと思うのは、勿論、他人の一生を左右する仕事を日常的に行い、その資格を得るだけでも結構な苦労が必要だろうと想像できるからですが、何より「ちゃんと勉強する」と云う基本的な部分に感心します。
 自分の就いた業種に、慣れれば慣れる程に、勢いや思いつきが的に当たった人間が、上に登れる分野と判ります。
ブログランキングならblogram 拍手する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。