Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

 

 日本のファンの多くは末弥先生の絵で、冒険の光景を思い出し、そして想像しているのではないでしょうか。AQUIZも「Wizardry」を再会してしまいましたよ…



 まだまだパソコン自体の性能が低く、まともなグラフィックは無しの、あまりにシンプルな画面。そんな極初期コンピュータRPGでしたが、日本版に移植された際に、末弥先生原画によるグラフィックが。
 初期のものは、現在の一般的なゲームの美麗なCGに比べると、酷く荒いものでしたが、造形自体は末弥先生の描かれたものです。
 様々な関連書籍等で描かれたイラストは、油絵調の重厚な絵画。
 今でこそ、ファンタジーはライトノベルの印象が強くあり、漫画絵が主体ですが(それ自体は嫌いじゃないですが…)、昔の古典絵画を踏襲したかのような「挿絵」が好きです。

 携帯電話版で遊んでいるので、色々使い勝手が悪かったりもしますが、思っていた程には操作性も悪くなかったです。
 でも、こうやって暇を見ては携帯で迷宮に潜っていると…

 WIZ専用PCを買い込む羽目になりそうで怖いな…。
ブログランキングならblogram 拍手する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。