Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

ぜんぶが君の。 

 シノヤの赤ん坊が生まれました。

 予定より早いのですが(今月末か、来月頭だと思ってた)、異常と云う程に早いのでもなく、母体も赤子も元気だったら、別に何も問題無いのだとか。予定日ってアテにならないんですね…

 女の子でした。
 大人達は、性別当ての賭けをしていましたが(胴元は母親だがな…)、そんな結果に。
 標準サイズらしいのですが、生まれたて赤子ってメチャクチャ小さいな…!
 真っ先に観たいKが駆けつけると云うので、2人で早速、病院まで行きました。
 普通は落ち着いてから見舞いに行くのでしょうが、ウチの面々、家族みたいなもんだし、当の産婦が「来い」ってメール寄越したし。

 揃って「抱っこするのは嫌だ。」と拒否しまくりです。

 赤ん坊って、頼りなげなわりに、実は結構、頑丈らしいですが、ぐんにゃりしてるんですよ… 迂闊に持つと、形が崩れそうで怖いんです。
 特にコドモ嫌いと云うことは無いですが、接したことの無い大人にとって、赤子って、それなりに恐ろしいです… 犬猫だと、チビでも割と肉が固まっている感じなのですが。
 なんか「まだ固まってません」と云うゼリーのような不安定さが。

 カートみたいのが付いたベッドに寝かされていたので、Kがペタペタ撫でたり、握った手の指を開かせようと突いたりしてました。
 なんだかんだで、小さいと云っても3キロ近くもあるんですよね。赤子。

 実は、Kにとっては「そこそこ重たい」ので、うっかり抱っこすると身動き取れなくなるのでした(w。
 目一杯、力を込めて持ち上げたり掴んだりしていい「荷物」だったら平気な範囲ではありますが。

 名前も決まりましたが、流石に未来ある赤子のアレコレ(主に母親の愚行)を晒していくのに可哀想なので、本名は出しません。と、シノヤも自分のサイトで仮名で報告していたので、ウチも準じましょう。

 前々からの約束通り、Kが名付け親になりました。
 自然から取りましたが、「ありふれた」と云う程には見掛けない名前で、でも、それなりに昔から使われている単語で、(女の子なのですが)まあ、男子名としても通用しなくは無い感じ。変な宛て字は使わないと決めていたので、誰でも読める漢字としました(自然物そのものの漢字も悪くはなかったですが、別の文字を使いました)。

 DQNネームは嫌ですけれど、平凡であれば良し、みたいな名前も嫌だから…とか。
 大人になった時に、気に入って貰えると良いのですが。

 ただし、ブログ上(シノヤのサイト上)での仮名は「ウタちゃん(仮」です。
 拙宅でも、それ踏襲。
 ちなみに、「歌」「音(おと)」「鳴(なり)」「響(ひびき)」「奏(かなで)」は、シノヤ宅の歴代ネコの名前です。現在、ご存命なのはヒビキとカナデ。
ブログランキングならblogram 拍手する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。