Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

一緒にご飯。 

 Kにとって、平凡な家庭の総菜と云うのは、大体がフランスかイタリア料理(と、その簡易版とか)です。そう云う家で育ったので、ひと昔前の日本人がフレンチ=贅沢で超高級なフルコースオンリィ、と想像していたように、どうにも和食は本職の料理人だけが作り、店で頂くもの(イメージは懐石)、と云う先入観があるようです。
 無い無い、と判っていても、どうも和食=懐石。
 ちなみにKの好きな和食は、若竹煮とか、切り干し大根。地味な上に古くさい家庭料理。後、ごく普通の盛り蕎麦。

 本日の昼食。丸鶏を捌いたので、ブロードも鶏肉もいっぱいあります。
 Kが鶏の出汁をイタリア語読みするのは、スープを使う料理の多くが(拙宅では)イタリアンになるため。

・白インゲンのスープ
・ほうれん草のソテー
・蒸し鶏と温野菜のサラダ
・帆立とじゃがいものグラタン
・エピのトースト、レバーペースト
・付け合わせのオリーブ、ミックスレタス(ベランダ摘み)
・さくらんぼ、桃

 追記から簡略レシピです。
ブログランキングならblogram 拍手する

「白インゲンのスープ」

 スープと云うか、豆です。定番メニュ。イタリアでは、かなり多く豆を食べるとか。

1:みじん切りの玉葱をオリーブオイルとニンニクで良く炒めます。
2:半日、水に浸した白インゲンを加え、常温で溶かしたブロード(鶏のブイヨン)を加え、煮込みます。
3:ハーブ入りの岩塩で味を調整して、完了。

 …それだけ。大体、こんな感じです。
 材料としては、水煮豆の缶詰と、インスタントのスープ(キューブとかになっているやつ)が一般的でしょうか。水煮の缶詰はまだしも、何があってもKは市販のコンソメスープの素の類は使わないでしょうね… それなら、ベーコンの切れ端と野菜クズを炒めて水を入れただけの方がマシ、と云う。絶対。

「ほうれん草のソテー」

 朝食メニュにも時々、卵料理の付け合わせに出していましたが、ワインのツマミにしても美味しいです。

1:生ほうれん草は、大きめの一口大に切ります(若干ですが、縮みます)。
2:厚さ5ミリ程度に切ったベーコンを更に棒状に切り、フライパンでゆっくり温めながら、油を出します。
3:適当な材料を加えます(モノによっては、ほうれん草より後に投入)。本日は、マッシュルーム(ホワイト)、松の実、くるみ、レーズン(黒)。
4:馴染んだら、ほうれん草を加えて、強火で一気に仕上げます。仕上がり直前に、塩・胡椒を少々と、小さじ2杯くらいの白ワインを入れます。

 そのまま食べられますが、すりおろしたチーズを掛けても美味しいです。

「蒸し鶏と温野菜のサラダ」

 オーブンで何もかも一気に調理しただけです。良くあります。
 本日は、鶏の胸肉とササミぽい辺り。
 野菜はブロッコリ、人参、じゃがいも、セロリ、アスパラガスは蒸し物に。
 その横で南瓜の薄切りとトマトを焼きます。

 ドレッシングは、オイル・ワインビネガー・ハーブ入り岩塩・マスタード(Kは辛いの苦手ですが、マスタードは案外大丈夫)がベース。
 みじん切りの玉葱と少量のにんにく、ピクルス、パセリ。
 粉末の乾燥パプリカを刻んで加えます。
 ドレッシングをメインに食べますが、自家製マヨネーズが少し残っていたので、これも添えます。鶏にも合います。

「帆立とじゃがいものグラタン」

 グラタン転用を見込んで作っておいた帆立のマリネ。ケイパーとアンチョビが染み込んでいます。

1:帆立は水気を切っておきます。
2:茹でたじゃがいもは皮付きのままで細切りに。
3:バターを塗った耐熱皿に、じゃがいもと帆立を重ねて、すり下ろしたチーズと塩を混ぜた牛乳を浸らない程度に掛けます。
4:パン粉(拙宅のは余ったバゲットを砕いたもの)、パセリを掛けて焼きます。

 日本の定番、マカロニグラタンのようなホワイトソースタイプのグラタンは滅多に作らないのですが(作る時は大量に作って冷凍しておく)、「何かオーブンに放り込めばグラタン」と云う、本義のグラタンは頻発します。余ったらグラタン。

 エピはトーストして、鶏のレバーペーストを塗って食べます。刻んだオリーブなどが入っています(自家製)。AQUIZは、土台にバターを塗ってからレバーを塗り付けて食べるのが好きです。Kは生のレタスやハーブと一緒にサンドウィッチのようにして食べています。別にレバーが嫌いなのではなくて、レバーのサンドウィッチが好きだから。

 今の時期は、ベランダでレタス(ベビーリーフ状の球形ではないタイプ)やハーブ(ルッコラ、パセリ、バジルあたり)が取れます。素人がベランダで作ったものでも、採れたてだと、パッキングされたスーパの商品よりは美味しいです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。