Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

世界各国の平均身長。 

「ナンツケッツ」と合わせて、検索キーワードに多い世界各国の平均身長についての情報も挙げておきますね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Average_height

ウィキペディアの、ただし英語版ページです(なんか日本語では見つけられませんでした…)。



ブログランキングならblogram 拍手する

(2008.12.15補足)
Yahoo! 知恵袋で、参照サイトとして挙げてくださった方がいらしたようで、解析を見ると、知恵袋経由で御覧になっている方が結構いらっしゃいますね。本件は、「ヘタリア」と云う漫画で世界の国々擬人化したキャラクタが登場し、その身長が現実の各国平均身長と揃えてある部分がある… と云う理由から、同作品ファンは知りたがる情報なのです。実は、必ずしも平均身長=キャラクタ身長では無い筈なのですが。このために、元サイトに掲載の無い国家名も挙げてあります(「ヘタリア」に登場している国なのです)。
上記のサイトが、管理人の見つけられた範囲では、一番把握しやすいように思えました。僕が、下記に挙げたのは、主に各国の男性の平均身長で、上記のWIKI(英語)に掲載されているものから、「ヘタリア」に登場したキャラクタと重複したものだけを抜き出したのです。なので、元サイトには女性の身長も掲載されているのですが、ほぼ省略してあります。
ちなみに、過去のデータが公開されている場合、男性のデータしか無いことがあるかと思います(検索しまくっていた際に良くみました)。これは、軍隊での身体検査のデータを流用していることがあるためです。徴兵制度のある国だと、完璧とは云えませんが、大多数の男性が軍に入り、その際に検査を受けているわけです。
本国内のデータの場合は、学校での身体測定データが多いです。よって、小学生や中学生のデータは見つかりやすいのですが、成人のデータが少ないのです。


なお、知恵袋で、「アメリカの中での人種別」が見られないとの記述があるのですが、このリンク先は、僕が挙げているものと一緒です。
一覧の中に、「アメリカ(=U.S.)」の項目が5コあり、上から順に「人種問わず・20歳」「人種問わず・全年齢(20~74)」「白人(20~39歳)」「黒人(20~39歳)」「メキシコ系(20~39歳)」となっています。このデータによれば、白人がもっとも高い身長で、黒人も大差はありません(白人男性178.2、女性164.1/黒人男性177.8/女性164.1)。メキシコ系は小柄です(男性169.7/女性158.1)。

なお、以下を書いた際には「ヘタリア」ご本家で正式には未登場だった香港が男性171.0cm。アイスランドが男性181.7cmです。
(/2008.12.15補足)




AQUIZの英語力は、かなり怪しいので翻訳が間違っていたらスミマセン。でも、身長が判れば良いですよね、とりあえず。

はじめの解説文章の次に来る章、「Average adult height around the world」を見てください。こちらの表で、かなりのことが判ります。章題は、「世界の成人の平均身長」です。

この表の左列は国名です。次に男性(male)と女性(female)ごとの平均身長が掲載されています。日本ですと、男性172.2 cm ・女性158.8 cmです(余談ですが、Kの身長って多分この女性平均値くらい)。

その隣は、調査対象とした人間の年齢です。さらに右列は計測した実施年度。世界で一斉に同条件で計測したわけではありませんからね。

日本の場合は、2例の掲載があります。対象年齢が違い、年度が1年違います。17歳の身長が若干低いのは、多くの男性が20歳くらいまでは伸びるからでしょうね。25歳にもなったら、普通は停止しているわけで。
以下、計測方法や出典が記載されていますので、興味のある方は隅々までどうぞ。
 
「ヘタリア」登場国だけでも拾って挙げておきますね(今、見ながら書いているので取りこぼしとか打ち間違いがあったら申し訳ありません、正しくは、できればウィキをご覧ください)。
性別は男性を抜粋しました(ヘタキャラは、大半男だからね)。

イタリア(北・中部) 176.9 cm ※ヘタリア的にはイタリアの方。
イタリア(南) 174.2 cm ※ヘタリア的にはロマーノの方。
年齢と実施年度が一緒なので、イタちゃんの方が長身になりますね、このデータだけだと。過去に、ご本家で記載されていたイタリアの身長が上記より低いのは、戦時のデータを採用しているからですね。
イタリア・ドイツに関しては、ご本家で「平均身長=キャラクタ身長」であることが名言されていました。ただし、この時に使われていた「平均身長」の出典は明確ではなく、内容的に戦時下(=WW2)のものと思われます。

ドイツ 180.3 cm 
これは、18~19歳男子。やはり長身です。しかも、十代なので、まだ伸びそう。「Entire population」ってデータが少し低いのは、全年齢平均値(※成人の)だからでしょう。基本的に、古い世代程小柄なのは、どこも同じ。ちなみに、AQUIZの身長が、コレとほぼ一緒です(半分ドイツ人)。
国家/人種を問わず、長身の国家は、男女双方が他国より長身な傾向があります。


日本 172.2 cm

アメリカ 178.2 cm

アメリカが種類多いのは、人種ごとに記録してあるから。上記はキャラクタのアメリカを参考にして、白色人種系アメリカ人の平均値です。

非常に古い時代には、世界のどの地域でも「その土地で代々生まれ育った人」が住人の大多数を占めていた筈です。日本であれば、「日本人」ばかりが多く、単一民族国家であるなどと云う失言をする政治家が居た程に、「ほとんど」の国民の身体的特徴は、似通っていたわけです。
少なくとも、ランダムに10人の日本在住者を選んだとして、そこに白人や黒人が含まれている可能性は非常に低く、外見で「外国人」だと思われる人が混ざることは、極めて少ない筈です。
しかも、それは現在に至っても近い状況です。

遺伝子的には、すべての人間は同じ種です。
見た目が大きく違うので、差別云々とは別個の話としても肌や髪の色が違い、
骨格や、それから成る顔立ちも個人差レベル以上の差があり、
特有の身体的特徴(日本人を含むアジア人なら、蒙古斑蒙古襞)があり、
「人間だとしても違う種」ではないかと考えた時代もあるようです。

なのに、実は完全に同一の種である以上、
この色素や体格などの違いは、単純に環境差と、それに影響されて発生した
文化や慣習の違いが長い年月、積み重なっただけのこと。
よって、移住などを考慮しなければ、土地ごとに特性があるのが当然です。
日本は、比較的に「渡来」の住人が少ないわけですが、
先住民族は別として、大多数の住人が移住者のアメリカ
土地固有の特性が出にくいはずですよね。
 
イギリス 176.7 cm
フランス 177.0 cm

例の、「どんどん縮んだアーサー」以前に、当初公表されていた英・仏は身長同じくらい説の根拠が、この辺にありそうです。
そもそも、人種的には同じような住人が居て良い国家です。

中国 170.2 cm /166.3 cm
都市部と田舎で区分されていた中国。まあ、この中間を取れば良いのでしょうか。
古い時代は貧富の差も現代より大きかったと思われますし、衣食住の環境も違った筈。非常に裕福な王族・貴族と、これに準じて恵まれた環境の人々は、必ず都市部に居たのでしょうから、体格にも恵まれ、その影響が残っているものでしょう。
日本人より小さいのは確か。

ロシア ? このリストには記載なし。


スペイン 177 cm

前述のイギリス・フランスと大差ありません。
古代まで遡ると、大陸ヨーロッパの諸国の国境は、現在と異なりますし、
人種的には、大きな違いはないエリアです。


スイス 175.5 cm
リヒテンブルク ? このリストには記載なし。
オーストリア 174.8 cm

ハンガリー 165.84 cm ※コレは女性数値を。男性は179.14 cmで結構長身です。
韓国 173.9 cm
台湾 172.04 cm


カナダ 174 cm

リトアニア 176.3 cm
ポーランド ? このリストには記載なし。
エストニア 179.1 cm
ラトビア ? このリストには記載なし。

フィンランド  178.2 cm ※老人も含む全年齢
スウェーデン ? このリストには記載なし。
デンマーク 180.6 cm

基本的に、北欧は「長身・色素が薄い」特徴を持ちます。

トルコ 173.8 cm
ギリシア ? このリストでは記載なし。


下の方には「History of human height」として19世紀中頃の各国の平均身長もあります。

AQUIZも、探すの少し苦労したので… 
調べて書いた人のブログとかならあるんですけれど、出典がわからなかったりしますよね。全国民を調べるのは難しいわけで、どんな条件で計ったのか不明だと、今ひとつ。そして、時代によって体格は相当に違うわけですから、第二次大戦の兵士の平均値だと、我らがヘタリア的には逆に参考資料となるのですが、
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。