Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

クッキーの安全策。 

 AQUIZは仕事柄、インターネットやパソコンについて多少の知識はあるものの、専門的なことまでは判りません。それでも、まるきり一般人のKよりはマシですし、普段インターネットを眺めてメールを送る程度、の方よりは、ずっと詳しいわけです。
 Kの色々な管理はAQUIZが行っていますが、公共PCを使うことは無いため、比較的パスワードの類の管理は雑なのです。K本人が何かを扱う際に、危険性の少ないものに関しては履歴を残したままですし。

 念のために、銀行などの金銭関連のログインパスワードあたりは注意するように云ってあるのですが、常用の銀行のログイン、暗唱番号などは、Kは私物ノートPCにクッキーを残しています。まあ、他人にPC自体を使われる可能性は無きに等しいので、危険度は低いのですが、推奨できません。
 が。
 Kの考えた安全策だそうです。

 わざと間違ったクッキー(パスワードとか)を入れておく。

 …まあ、それでも良いか。
 例えばイーバンクのパスなんかを嘘パスにして記録してあるわけです。
 本人がログインする際には、どうでも良い(仮に抜かれても損失のないような)パスワードから、楽天やらオンライン書店やら、カードに銀行と云った各種のユーザ名とパスを全部、脳内に記録してあるのです、この人。もちろん、クレジットカードのナンバも暗唱できます(嘘数値をPCに残してある)。
 ただ、低レベル画像記憶者としての記憶方法のようで、サイトの認証画面のデザインが変わった場合とかに、ちょっと検索に時間が掛かるようですよ(時には思い出せないという…)。
ブログランキングならblogram 拍手する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。