Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

夜食。 

ドイツ人の母は、「肉」「鶏肉」を別の食品として認識していました。
より正確には、日本人がサケもアジもサンマも「魚」と認識するように、牛・豚・羊(北海道では並列)が同じ種類の食品。鶏やウズラや鴨の「鳥肉」もあって、「魚肉」もある。
日本のスーパーマーケットなら、「野菜/果物・鮮魚/精肉」なんて区分をしていますよね。この分類が、僕の母の場合は「精肉」のところが2分割になるわけです。
なので、小さい頃は僕自身も「お肉=牛か豚か羊」だったのです。
鳥は、日本育ちで鶏肉しか知りませんので、アレはフライドチキンの肉。

最近まで考えたことも無かったのですけれど、英語の「meat」に、鶏肉は含まれていないんです。知らなかった…(僕の英語力が低いだけなのか、コレ)
日本語で「肉」って云ったら、鶏も含めちゃいますよね。外国語って、そう云った生活・文化の差から来る「範囲の差」が多いようです。Kが、言語学を勉強したがっているのは、そこら辺への興味が強いからです。

で、拙宅のKは、ヨーロッパ方式に育ったので、「動物肉」「鳥肉」を区分するところまでは母と一緒。
ただ、どうも「豆腐」も肉に分類している気がするんですよね、K。栄養価云々とか、そこら辺の意図としては豆腐も肉と同じような性質はあるのでしょうけれど、何をどうしても、明らかに、それ肉じゃありません。

「でもね、果肉って云うもの。りんごの中身は肉だもの」

…と、拙宅の主人は主張しています。うん、まあね…

豆腐は加工してあるから、まあハムやベーコンの仲間なんですよと云ってました。

本日の夜食。
豆腐と舞茸、じゃがいも、鮭(スモークサーモンの切れ端)に、チーズたっぷりのグラタン。
ザウアクラウト(ドイツ料理なので僕の実家でも日常的に出ましたが、KはKで元々良く作っていた/結構、味が違います)。ワイン(白)。
ありあわせで作れるので、グラタンも頻発メニュです。美味しいです(二度と同じレシピの皿が出ませんが)
ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。