Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

そう云えば例のTATOOの件ですが。 

イギの家の皇太子が日本で入れ墨入れちゃって云々…なんて
史実もありましたよね。そう云えば(今の皇太子じゃないよ)。


ブログランキングならblogram 拍手する

Kに聞いたら、色んな国と時代で「入れ墨=罪人とか奴隷とか被差別対象」
だった歴史があること。
紆余曲折あって、キリスト教的に「入れ墨は悪いこと」になったので、
結構、長い年月、入れ墨がファッションなんて考えられないことに。

禁止されるくらいなので、元々風習として入れ墨を入れていた民族が居て、
その中にガリア(現在のフランスetcな昔の国家、APHにも名前は既出)では
戦士などが入れ墨をするのが普通だったようです。
ブリトン(現在のイギリスの一部)でも、入れ墨は行われていたそうで。

「悪い風習」なので、犯罪者とかに目印として付けると云う用途も生まれたのでしょう、
もちろん、簡単に消せないから証拠として便利なのも、理由のひとつ。


ただですね、キャラとしての英に入れ墨があるかは相当、疑問。
戦闘服でも確認できませんからね。
アレで見えないところとなると、それはそれで。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。