Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

1万冊もあるとは思わなかったのですよ。 

今日は、ほとんど仕事が無いのでKと書庫整理をしていました。
部屋の本棚に収めてある本は、特別にお気に入りの本や、
連載中やシリーズものの作品で、比較的、頻繁に続刊が出るもの、
巻数の多いもので、最近読み直しているもの(一時置き)などです。
それだけで、2千冊は超えてしまっているのですが…
ブログランキングならblogram 拍手する

Kは、実家にも書庫があり、全集やハードカヴァの書籍、
古い文庫などは、大半そちらに残してあります(かさ張るから)。
こちらのマンションには、主に最近買ったものがある筈なのですが、
既に1冊1冊、数を数えるレベルではなく、
格納スペースから推算するしかない有様なのです。

まず、前述の室内の本棚に、推定2千冊。
これらの本は、時々書庫の中と入れ替わっています。
居間は文庫本が、1段に65冊程並ぶ大型のクラシックな本棚がメインで、
一般的な文庫本は、前後に並べれば3列格納できてしまいます。
ジャンプコミックスなどの漫画単行本でも前後2列で、ほぼ同じ冊数。
最下段が写真集や画集などの大判本で埋まり、
最上段に特別装丁などの本が飾ってありますが、
残る4段に常に隙間無く本が詰まって、これだけで推定650冊。

Kの寝室(最近は使っていませんが)には、
パーテイションを兼ねた天井まで届く木製の棚があり、
飾り棚として使っている部分もありますが、
書架となっている部分だけで、8段×4列。
横幅は居間より小さいですが、文庫で25冊は納まり、
こちらは表裏から本が取れる形で格納してあるので、
ここだけで推定1600冊にもなります。
これが予想外で、見た目の印象からは、それほど多く感じないのです。

この時点で、推定2250冊。

ここまでが、「いつでも気軽に手に取れる場所にある本」で、
そこから先の「格納分」が恐ろしいことになっているわけです。
陽の入らない、納戸を書庫としています(本来はクロゼット、改装済)。

大量格納と重い本を保管する頑丈さが必要なので、
書庫の中はスチールです。
居間同様に、横に約60冊の大型の本棚を4本。
こちらは純粋に「本を詰め込む」形で使っていますので、
前後2~3列に隙間無く漫画や文庫が収められています。
天井まで使えますので、60冊×前後2列×8段×4本…と云う
恐ろしい物量が詰め込まれて、推定3840冊。

これで、合計は推定6090冊。

更に古い本(主に文庫)が、ダンボール詰で格納されています。
もちろん、本棚に並べるよりも場所を圧縮できるからです。
Kの力では動かせない重さになりますが、
収納されている本については、Kの脳内インデックスに記録されています。
(僕だけでは何がどこになるのか、本棚分でも把握し切れない…)
文庫本を平置きで8冊並べられるダンボールをオーダで作っていまして、
これに詰め込めるだけの文庫を詰め込み、書庫に格納します。
びっしり詰めると、箱を重ねても中の本は傷みにくいので、
大容量の収納が可能になります。
前述の本も同じですが、文庫の厚みはバラバラです。
大まかな平均値を取って、仮に文庫=厚み1センチとしましょう。
特注ダンボールの高さは、内寸が35センチですから、
8×35=280冊も入る計算。
このダンボール箱は、現在10箱ありますから、
推定2800冊…

合計は、推定ではありますが8890冊。

この他、前述していますが、写真集や画集、
業務上必要なデザイン関連の書籍類がそれなりの数。
大きな本が多いので、占める体積の割には数は少ないですが、
ざっと数えて150冊余。
仕事スペースにも、小さめですが本棚はあって、
資料や仕事に関連性のある本が中心ではありますが、
おおよそ300冊。
DVD視聴用ですが、テレビの部屋に
バレエやオペラ関連の本や、インテリア、アンティークなどの
休憩時間に眺める用の本が200冊程。

僕の寝室の本棚に、最近買った本(大半が漫画)がありますが、
これが大体、200冊くらい。

目測値ではありますが、9740冊くらい…と云う
予想以上の数が出ました。
1万冊近くの本で埋め尽くされている筈ですが、
意外と気が付かないものですね…
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。