Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

有閑倶楽部。 




「有閑倶楽部」(一条 ゆかり/集英社文庫)

ドラマ化なんだって、とSさんからメール。BL以外も読みますよ(笑。原作は大好きで読んでいます。

 テレビ、全然見ませんので多分放送はチェックしないと思いますが、キャストが判ったら、顔だけ見たいかも。どうせ、原作に忠実に…とは行かないだろうしなあ。

 ただ、もし一条先生徹底監修で、完璧に原作通りな実写が出来るのなら、それは観たいですね。

 有閑倶楽部は、作者が作者なだけに、「金持ち」の描写が適切なところも好きです。富豪って設定なのに、こんなモノ持たすか? とか、それは別に高級でも何でもないよな…と失笑してしまうような作品も多いから。ギャグとしてなら良いですけれど。

 特にKが、そこら辺に煩いです。上質嗜好って設定なのに、こんな普及品を選ぶわけないでしょう、金持ちのイメージが貧相すぎますねえ… って。有閑倶楽部は、それぞれが適度で良いです。
 本当に富豪で、でも馬鹿な使い方が出来る人もいるし、生まれついての金持ちなだけに、「裕福なことに慣れた落ち着き」もあるし。

 この作品、多分AQUIZが生まれる前から連載しているのじゃないでしょうか。時代差もある筈なのに、無理なく自然に調節してあって、違和感なく読めるのも素敵です。昔の売れっ子が、変に頑張って描いちゃってるという痛々しさがないんですよね。

 もちろん「プライド」も大好きです。
 ただし、物凄くオペラ行きたくなるのが難ですね。地元じゃ公演自体が少ないんだもん。





 一見すると、大昔の少女漫画のような「お金持ちで才能にも恵まれた意地悪な美女と、けなげに努力する平凡な薄倖の少女」という構図に見えかねないところが面白いな。「見える」だけで、きっちり違うのが良いです。
 古典漫画だったら、「お嬢様」が能天気に優遇されまくったり、不幸な少女だけが不自然な幸運と不運を繰り返すんですよねえ。
ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。