Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

大英帝国万歳。 

キャラソンのイギリス(vol.4)のジャケが公開されていましたけれど、
例の「六弦」はベースである、と認識していたのですが、どうなんだろ…

普通のベース=4弦、ギターが6弦なことは判っているのですが、
通常、わざわざ弦数を冠に付けるのベースだよね?
エレキ楽器や現代音楽の世界では違うのか…
まあ、ベースもギターの一種ではあるのですが。
ただ、現代音楽の場合(イギリスだからパンクか?)、
バンドを想定すると印象は大きく違いますよね。

もっとも、パンクと云うジャンルの生まれた経緯に、
アメリカの考えた音楽(ロック)に、
イギリスが「俺の方が格好いいんだよ!」と主張するために
作っちゃったぽい流れがあるあたりが好きです。
ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。