Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

時々あること。 

Kも一緒に取引先のデザイナさんと呑んでいたら、
彼は、僕らも好きな某少女漫画家さんと仲良しだったことが発覚しました。
ブログランキングならblogram 拍手する

ドラマ化とかもされた作品を描いた方で、今の作品も大好き。
今は、かなり人気のある作家さんですけれど、当時はヒット作以前だったみたい。
そもそもは、漫画家さんの旦那と親しくて、遊びに行くようになったそうな。
若い頃、お金が無くて良くご飯食べさせて貰ったりしていたとか。
作中に登場する、ちょっとした遊びのエピソードがあるのですが、
それを提案したのが、そのデザイナさんだったです。

…と云う話をしていたら、
同席していた別の女性が、かなり売れている某少年漫画家さんの
デビュー前の職場で一緒に働いていた人だった。

普段、漫画の話とかしない(多分、あまり読まないし興味無い)
人達から、ポロッと関わりある話題が出てくることがあります。
直接には漫画業界とは関係の無い仕事なのですが、
何か、どっかでリンクが貼ってあるのだろうか。
興味が薄いだけに、変な興味本位で乗り込んだりしないので、
別の層で親しくなったりするのかも。

有名な作家では無いですが、Kは親しい同級生に漫画家が居ましたし、
両親の仲人が、某大御所漫画家と家族同然の仲良しだったり。
シノヤナオは、叔母が某有名漫画家のアシスタントだった。
漫画家って、自称や副業レベルではなくて、
「そこそこ」以上には売れている作家でさえも、意外とたくさん
居るんだなあ… と思いつつ、個人的には3流マイナ漫画家の友達すら居ないのです。
友達の友達、まで拡げても… 居ないなあ?

ただ、良く考えたら「同性結婚カップル」も、「中性」も、「混血」も、
友人知人を総動員しても、1人も出て来ないぞって人が、大勢居るのでしょうね。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。