Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

王子には天賦の才。 

 大好き漫画「レベルE」について、グダグダ書いていたら、「パタリロ!」初期を読み返したくなりました。
 ので、Kの書庫に漁りに行って来ます(割と何でも出てくるよ








 共通点は、天才で傍若無人な王子だという点です(パタリロ殿下は序盤で即位して国王になりますが
 パタリロ!は、初期のオカルト色も強い時期のが、最高に面白かったなあ。

「レベルE」が秀逸だったと思うのは、圧倒的な威力を持つ王子が、読者視点で見れば、あくまでも「狂言回し」であることです。熱中して読んでいると、うっかり気付かない。
 もし、一般的な少年漫画風に、主人公=王子として活躍させようとかすると、全然違うベクトルに向かっちゃうから。
 あるいは、藤子不二雄漫画のように、「異世界からの居候と過ごす主人公少年(筒井)」と言う構図に無理矢理収めたとすると、あっという間に良い意味での「読み手の置いてきぼり感」が失われます。
 この作品で、もっとも「おちょくられている」のは、王子の武官でも筒井君でもなくて、読者ですからね。王子最高です。



 あ、ちなみに「リボーン」は、まだ11巻迄です。
ブログランキングならblogram 拍手する
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://coluck.blog103.fc2.com/tb.php/90-8e654494
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。