Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

もし僕がドイツ人だったら。 

生まれる前は、1歳前後でドイツ(母の故郷)に帰る予定だったのです。
(その都合で、名前を向こうで通じやすい音にした)
日本だと、あと一歩でDQNネームに脚突っ込みそうな名前なのですが、
あちらでは、ごく平凡な良くある男の子の名前だそうです(それに漢字を当ててある)。
ただねー、見た目が完全に日本人なので、確実にハーフだなって名前が微妙。
日本人、ミドルネームありませんからね、法的に…

それでも、何のかきっかけで(父さん日本人だからとか、そこら辺の理由で)
日本漫画を読み漁るオタクになっていた気がします。運命。
もしドイツで育っていたら、育ってからの移住と違ってドイツ語オンリーだった筈で、
日本語覚えるの苦労しただろうなあ… フランスあたりの方がオタク文化ありそうだけど。

ブログランキングならblogram 拍手する


だって、今ドイツ語なんか一切わかりませんからね。日常会話も無理って云うか、
挨拶とか、数を数える辺りでアウトです。
少なくとも中学高校で習った筈の(6年も…)英語だって判らないからね。

御本家竹林で、海外の方からと思しきリクエストも挙がっていますけれど、
ところどころ日本語を流用してあるのが可愛い。
神ロは英語表記なのに、ちびたりあは「chibitalia chan」…w
ちびもイタリア語で挨拶していますねー。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。