Butler's life
性別のない主人と腐女子の心を持つ
ヘタレなオタク青年執事の雑記.
http://coluck.blog103.fc2.com/
author ; AQUIZ


俺屍2 絶賛待機中!!


プレイ日記サイト
現在制作中
(製品版到着頃オープン)






巡回先
■honto(旧・bk1)
■楽天市場
■ナチュラン(K愛用ショップ)
■チケットぴあ
■イーブックオフ(買取)

キッドブルー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングならblogram 拍手する

世界の犬と猫。 

以前、テレビの動物番組で各国の犬の性格の違いを実験していた話題などを挙げましたが
(そして、たくさんのヘタリア関連サイト様でも見ましたがw)
元ネタは公式サイトに、過去の番組内容としてアップされていましたー。

「欧米人のイヌは欧米人のように大きなリアクションをとるのか」
http://www.ntv.co.jp/zoo/takatoshikenkyu/index.html
※ページ直結のリンクを貼れないので… リンク先の「2009年5月2日」の記事です。

番組の1コーナーとしてですから、登場した犬の種類も多くはないのですが、
それでも、かなり面白いです。ヘタリア的な視点からも。
比較対象としての日本(柴犬、土佐犬)。
そして本題のイギリス、アメリカ、フランス、イタリアです。わざとですか、そのチョイス。
これで、中国のチャウチャウと、ドイツのシェパード、ロシアのサモエドもいればなあ…
※ちなみに、アメリカ代表として登場していたシベリアン・ハスキーは、正しくはロシア原産。
 改良などを加えて普及させたのが北米だったためと思われます。

ブログランキングならblogram 拍手する

それで。
ふと猫って、どうだったかなあと思い調べてみました。
猫も、たくさん種類はありますけれど、犬に比べると、品種間の差異が少ないですよね。
例えば、チワワとセントバーナードなんかに至っては、同じ動物とすら思えない。
チワワとウサギが、あるいはセントバーナードと熊が同じ種類の生き物だって方が納得する…

【ニャンバーワン】
原産国別で検索できる犬&猫の品種ページ


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。